2012年12月13日 (木曜日)

映画 「グッモー エビアン」 (舞台挨拶 付)

今回の札幌の最大の目的、洋ちゃんの舞台挨拶つきの 映画「グッモー エビアン!」の先行上映会 IN 札幌フロンティア ~

 マイミクさんに用意していただいた席は、えええええ~ いいんですかあ!!!! という席でした。snow

 舞台挨拶中の終始うつむきがちの洋ちゃんが 司会者のアナウンサーの問いかけのときだけ 顔上げるんだけど、そのアナウンサーの目の前の席でした。

 洋ちゃんの顔を見つめていたら 気がつきゃ、泣いてました。これが感激のあまりっていうやつかな。こみ上げてくるんじゃなくて 自然とあふれてきてまして~。

 挨拶に立った洋ちゃんは、疲れているのか、地元、札幌のせいなんでしょうか。笑顔少な目でして、結構 素を出していたような気がします。

 もしかしたら、清須会議の秀吉から抜け出さずにここに来てるんじゃないか、とも思いました。秀吉の方が 洋ちゃんのキャラに近いのかもしれません。

 すくなくても「グッモー・・・」のヤグではありませんでした。

 洋ちゃんは、自分の体に役を刻み込んでいくタイプなんだろうと思います。洋ちゃんは自分を強く制しながら 秀吉に変えているのかもしれません。それは NACSを自分が引っ張っているという強い使命感があるんだろうな。今回の「清須会議」のような役どころに より その姿勢を強めているように思えるのです。まあ、あくまでも推測ですけどね~

 映画は、そんな生の洋ちゃんを見た後のせいか、ヤグのキャラに違和感を感じてしまいました。

 たぶん映画だけをみたら、もっと素直に愛すべき「ヤグ」を受け入れ感動できたと思います。NACSも「どうでしょう」も知らなかった頃の私が抱いた洋ちゃんのイメージは たしかに「ヤグ」だったような気もします。

 それでも、最後には 泣いていました。原作以上に 洋ちゃんのヤグは 愛らしかったです。

                    以下 ネタバレ

                        heart02

                        

 今回の映画は、「家族ってなんなんだろう」って考えさせられながら、笑えて泣けるお話です。ヤグは 生まれてきて欲しいと祈った結果、娘を 家族を手に入れたことができた男です。その子を産んだ母親と、その娘の3人家族の物語。

 家族は 血のつながりだけじゃなく、繋がりたいという『思い』が何よりも大切っていうことなんしょうな。 見終わった後に、素直に 自分の家族関係について考えてしまい、見直さなきゃと思いました。血のつながりにしっかり胡坐をかいている自分に反省。

 客席には、高校生くらいの若い女性も結構多かったんですが、彼女たちは、娘に自分の重ねてみているのでしょう。母親側の視点で見ている私とは、違う感想を持っているんだろうな、と思います。

 仙台で、改めて もう一度映画館で見ようって思っています。

 上演は 12月15日から~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水曜日)

映画 「アンダルシア」女神の報復を見ました

61dmbrpncul__aa1000_

 WOWOWでみた。

 織田裕二の外交官黒田シリーズの二作目。
 前作は映画館でみたけど、カメラワークがあまり良くなくて、画面のぶれがひどくて、とても残念だったので、この作品は映画館ではみなかった。

 実際、テレビで観てみて、前作より面白かったと思う。

  封きり当時の宣伝では、福山雅治の共演を強調していたけど、実際は伊藤英明が今回のパートナー。それとも もともと 福山にしたかったけど、ちょっとヘタレがはいった役はしないのか? 
 ヘタレというか苦悩する伊藤英明は格好いい。海猿よりも良い。今回の俳優陣は充実していたと思う。自殺(?)しちゃう警視総監の息子役の谷原も 出番が少ないのにこのクラスを配役しちゃうんだあとびっくり。

 さらにNACSファンとしては あの音尾琢磨くんが なんと 外務省の秘書官として出ているし~ 最後の方には アップがあって 嬉しかった~ 次回作がれば、もっと 話に絡んでほしいな。演技力のある役者さんなので、期待大。

 
 それに比べて 女優陣。前作からの戸田恵梨香の外務省の同僚役はともかく、今回のヒロインの黒木メイサがいただけない。若すぎる。外資銀行の銀行員が20代前半の彼女では無理。いくらんんでも 三十代じゃないとおかしい設定。 大人っぽいといっても 不自然。もっと大人で演技力のある女優さんじゃないとねえ。

 とても残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土曜日)

映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」を観ました 

 ジュード・ロウの「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」の画像

 前作同様 ジュード=ロウが好きなので、見に行ってきました。

 ハンチング帽にパイプ、スマートな身なりで難事件を解決する英国紳士。これが、おおよそのシャーロック・ホームズという原作からのイメージだと、むしろホームズはジュードなんだけど、コカイン中毒っていうところ忠実に再現すると、ロバートなのかなあ。リッチー監督は みんなのイメージを翻すところにあるようだから仕方がないのかもしれません。ロバート・ダウニーJRは病んだヒーローを演じさせたらピカイチなのはアイアンマンで実証済み。

 映画としては、女性占い師のシムの役回りが存在がでいらないと思う。花をそえたかったんだろうが、中途半端なおまけみたい。本家のドラゴンタトゥーの女で注目の女優さんだから採用したんだと思うけど~花らしい花を添えてほしかったです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「戦火の馬」を観ました ~ ネタばれ

戦火の馬の場面カット

 この映画の登場人物は 前回みた「ドラゴンタトゥーの女」とは違って皆根本的に善人ばかりなのである。それなのに設定は「戦争」なのだ。

 スピルバーグは戦争のファンタジーを描いてしまった。「シンドラーのリスト」で「戦争は常に人間の最悪の部分を引き出す」という名言を唱えた監督とは思えない描き方である。

 子供向けの戦争映画と言わざるを得ない。

 ストーリーはわかりやすくて 良いとは思うけど、 今の時代だからこそ、「戦争」と「原発」に関してはオブラートに包むのはあまり良くないような気がするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ドラゴンタトゥーの女」を観ました~ ネタばれしてます。

画像

 オープニングのタイトルシークエンスは必見。トレント・レズナーがカバーしたレッド・ツェッペリンの「移民の歌」のミュージックビディオになっていて くりひろげられる映像も「凄い」のひと言。デビット=フィンチャー監督の映像作家としての本領発揮している作品になっている。

 これを観るためにこの映画を見る価値はある。何せ内容が内容で、R-15世界だから まあ テレビで放映されることはないので お金を払って映画館にくるかDVD化を待つか・・・ 迫力ということでは 映画館のスクリーンで味わうのが一番だと思うのでオススメ。

 どうしてR-15なのかというと、描写もさることながら 本来守らなければならない立場の人が 加害者で 守ってなきゃいけない相手が被害者となる絶対あってはいけない設定がこれでもかと繰り広げられるからである。そういう意味ではR-20にすべき内容だと思うんだけど なぜかR-15なんだなあ。

 まあ 被害者も手加減なしの逆襲なんで 画面の残虐性がより爽快感を誘ってくれたりする。

 全体的に 切り裂くような寒さを感じさせる北欧の雪景色と スェーデン家具や服のセンスのよさも含めて画面がきれい。それでいて残酷な描写は手加減なしで見せ付けてくれる。導入部分だけではないのである。

 それにしても 主要な登場人物はみんな「おかしい」。まともじゃない。それでも、カッコよく思えるのは 半端じゃないからかな。

 最後の部分は原作にないらしく、評価している論評も多いけど、私的には なくてもエピソードだったんじゃないかと思う。

 いずれにしても、第2部、第3部までいってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日曜日)

ネタばれしてます。映画「ヒューゴの不思議な発明」について言いたい事。

「不思議な発明」という題名と時計仕掛け人形を前面にだした予告編に ファンタジーかなって思ってみたけど、違いますよね。本当は・・・

 そういうストーリー展開を期待してみていたので、前半は少々困惑してしまった感はあります。

違うんじゃないかと・・・・あれ???

いつ 発明品が出てくるのかと待ってるのにで、でてこないしいいいと。

苦手な3Dメガネで目が疲れてたこともあったので、睡魔にすら襲われて、大変でした。

 パパ・ジョルジュがこの作品の真のの主人公で マーティン=スコセッシ監督版「ニューシシネマパラダイス」だと納得したときには すでに終盤。

 この映画で 娯楽としてより 新たな芸術の創出をスコセッシ監督は狙っていたと思うんだけどなあ。だからアカデミー賞の作品賞にもノミネートされたんだと思うのです。

 特撮映画のパイオニアに対する敬意を、3Dという最新の技術を駆使した画像で表した画期的な作品なんですよ。本当は

 だいたい、原題は「HUGO」。不思議な発明だなんて一言も言ってないし・・・

 邦題が悪い、題名がああ。

 子供向けのようなこの邦題が全ての諸悪の根源ですよ。と 自分の思い込みを棚に上げて責めちゃおうっと。

 せめて「ヒューゴ」の後には「と」なんじゃなかと・・・「ヒューゴと不思議な発明」だったら まだわかるんだけどな。

 Dヒューゴの不思議な発明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日曜日)

映画「しあわせのパン」をみてきました

 私は大泉洋さんが所属する「CREATIVE OFFECE CUE」のファンなのであります。

 所属しているタレントさんではなく、裏方として働いているマネージャーさんやスタッフさんのファンなんですよ。

 実は 仕事でほんの少しご一緒させていただいて 裏方さんたちの仕事を見せていただく機会があったんですが、ほんと 鈴井社長さんも副社さんも、ほかのマネージャーさんやスタッフも謙虚でびっくり~ それでいて しっかりとした信念があって このスタッフありきであの個性的なタレント集団があるって納得。

 ということで CUEがらみの情報は常にチェックしてみております。

 大泉洋さんの映画は「探偵がBARにいる」に続いて「しあわせのパン」も見ました~

 たまたま渋谷に行く用事があったので 帰りにシネクイントで観ました。パルコの地下では限定ショップ「ノルド」をやっていますので 観る前にこちらにもお邪魔~ しっかり ノイド限定のワインや石鹸を購入~ (後日ブログにアップしますね)

 後で知ったのですが 私が観たその前の回で 大泉洋さんの舞台あいさつがあったんですって~ 知らなかったああ。

 松山ケンイチさんが 「カムイ伝」の舞台あいさつで名取エアリに来ていて同じフロアにいたのに全然気がつなかった時以来のショックです・・・・

 映画ですが、パンが好きな人にはたまらない映画じゃないかな。野菜もおいしそうでした。    もっとパンや野菜料理や雑貨たちを前面に出せば、観ているだけでもっと癒しを与えることができて あのデンマーク映画の名作「バベットの晩餐会」を超える映画になれたのでは! と思っています。 

 個人的にはウルトラご飯党なので、土鍋ご飯がおいしそうだったので、そっちをきちんと食べてもらえなかったのが不満・・  ポトフでご飯も絶対おいしいはず~

 キャストは原田知世さんのりえさんが可愛らしく、無口な水嶋君の大泉洋さんが素敵でした。(とてもバナナ親方と同一人物とは思えません~)

 自分のパートナーを、家族を大切にしたくなる映画です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日曜日)

映画 「麒麟の翼」を観ました

001

 先日のアメトークの「読書芸人」で東野圭吾の本を読んでいるというと、メジャーすぎてなんだかカッコが悪いので、カバーをかけて隠して読んでいると言わしめた、国民的推理作家の作品が原作。

 とはいえ、新参者の加賀恭一郎=阿部寛になっているから、テレビシリーズの映画化っていうほうがふさわしいのかも・・・

 可もなく不可もなく・・・といところかな。

 同い年の中井貴一の誠実な父親役が印象的。

 それにしても 向井理が あのシーンだけでエンドロールに出るのは 反則~

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年1月31日 (火曜日)

映画 「ハートブレーカー」を見ました

A0051234_22165250

 一時期フランス映画に凝ったことがあったけど、しばらく見てなかったなあ。

 予備知識なしで見たけど、おしゃれで素敵で楽しかったです。

 主人公の「別れ屋」のアレックスに「メッセージ そして、愛が残る/2008」のロマン・デュリス。ターゲットのジュリエットに「ハーフ・ア・チャンス/1998」「橋の上の娘/1999」のヴァネッサ・パラディ。なんとジョニーディップのパートナーなんですって。名前は知っていたけど、はじめて 作品を見ました。

最近 別れたっていう噂があったけどどうなったのかな。

 ストーリーは お決まりの展開だけど、そう思わせないのはさすがフランス映画。センスの良さが光ってます~ テンポもとても良い。

 本物の恋をしたときのアレックスの馬鹿面がたまらないです~

 それにしても カップルにお勧めなんだけど、なぜか 私が見たときの他の観客は みんな中年男性のお一人様ばかりでした・・・ なんでかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月30日 (月曜日)

映画 「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」をみました

315x210

 映画音楽で一番格好いいテーマ曲といったら 誰もが「ミッション・インポッシブル」をあげると思うのです。

 元はといえば「スパイ大作戦」っていうアメリカのテレビシリーズ。

 誰も「スパイ大作戦のテーマ」っていわないくらい、トム・クルーズのイーサン・ハントははまり役になった観があります。

 (予断ですが、キムタクもそういうはまり役がほしいよねえ。あの福山雅治でさえ「龍馬」になりきったのに~)

 ともかく 一気に見せていただきました。一昔前だったら 007シリーズかインディジョーンズかっていうところかな。

 今回のミッションは とにかく「落ちる」のであります。

 トムは年をとればとるほど素敵です~

 イーサンたちが持っていたのはスマートフォン~ アイパットまで使っているし~  欲しくなってしまうじゃないかあ。いまどきの諜報部員だもん。当たり前なのかな。

それにしても一昔前だったら 記憶媒体はCD-ROMが主流だったけど、メモリースティックを使っていたんだよね。時代はその方向かあ。

 こんなところで 時流チェックできるとは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧