« CUE ファンミィーティング 2013 に行ってきました~ その2 | トップページ | 日本テレビ開局60年特別舞台『真田十勇士』をみてきました »

2014年1月13日 (月曜日)

舞台「KACHI BUS」をみました

 アトリエ・ダンカン プロデュース Musical「KACHI BUS」の初日を見てきました。

 今回のお芝居、いままのNACSの舞台とは、ちょっと違う動機も入っての観劇です。

 この 『カチバス』は、赤字経営から40年ぶりに増収増益を果たしたことで注目を集めた北海道帯広市のバス会社、「十勝バス」の実話を描くミュージカルなのです。

 自分も、小さな組織ではありますが、管理職についており、常に 「どうやったら数字を伸ばせるか・・・」という課題に追われています。そういう意味では、舞台となった「十勝バス」の存在は 非常に気になっていたのです。

 ということで 今回は いつものNACSのメンバーがでるから、という動機だけではなく、仕事に行かせるなにか ヒントもほしいという思惑もありつつの観劇でした。

 下北沢の本多劇場の初日には、モデルとなった十勝バス野村社長夫婦と原作である「黄色いバスの奇跡」の作者である吉田理宏さんもいらしておりました。

 果たして、私がほしかった「数字改善のヒント」は「愛する」ということだったのです。

 社長自ら従業員を愛すること・・・このことが すべての基本でした。野村社長さんは 会社の従業員の一人ひとりを愛し、大切に育てることで、組織そのものを成長させたのです。

 
実際、会場で販売されていた原作本の中で、コンサルタントでもある吉田氏は、次のようなことを書いておりました。

 「リーダーのあり方が急激に変化している。」ということで、今求められているのは「人を育てられるリーダー」だと。一緒にいてあげる、観てあげる、聞いてあげる、参加を即す・・・・ 「強いリーダー」は、今の時代には向いていないと。

 リーダーとしてカリスマ性がなくても、誰よりもその組織と、所属するメンバーを愛することで、育てる「リーダー」が、今の時代に一番必要とされている・・・・

 あれっ??

 それって「森崎博之」そのものじゃないの??

 今回主演をつとめた TEAM NACSのリーダーである「森崎博之」さんこそが、現代の求められているリーダー像に当てはまるのです。

 森崎さんほど、「TEAM NACS」を、メンバーの一人ひとりを愛している人はいません。確かに、その愛情が、今日のほかのメンバーの活躍につながる要因のひとつといっても過言じゃない。

 そんな彼が、今回の舞台の主役を勤めることになるとは、これは 運命としか言いようがないと思うんですよ。

 顕ちゃんに ハナタレナックスで「リーダーといっても 冠婚葬祭の時と、お尻ではしを割る時だけ」なんていわれたけど、森崎さんこそ、今の時代に求められている「リーダー」なのよね。

 自分が森崎さんのように、部下を愛せるかどうかは置いといて 今回の舞台、ほんと良かったです。

 今回の舞台、ミュージカルというけれど、通の方たちには、異論もあると思います。それでも、実話の舞台化という説得力のあるストーリーと 演じている方の熱さ、特に リーダー「森崎博之」の熱演の前に、全て許されてしまうとおもうんですよ。

 東京公演も終わり、残すは 2月の札幌公演と帯広公演だということです。

 北海道を舞台にした 北海道民による北海道スピリットにあふれるお芝居です。道外の私たちでさえ、こんなに感激したのだから、地元の方はさぞかし・・・と思います。ほんと、そういうお芝居があるなんて、うらやましすぎるんだけど。

Dsc_0457_7

|

« CUE ファンミィーティング 2013 に行ってきました~ その2 | トップページ | 日本テレビ開局60年特別舞台『真田十勇士』をみてきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62787/58933772

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「KACHI BUS」をみました:

« CUE ファンミィーティング 2013 に行ってきました~ その2 | トップページ | 日本テレビ開局60年特別舞台『真田十勇士』をみてきました »