« 舞台「趣味の部屋」の初日に行ってきました ~ ネタバレしないように頑張り中 | トップページ | 舞台「趣味の部屋」の札幌千秋楽の覚書 ~ ネタバレもしてるかも »

2013年5月 1日 (水曜日)

舞台「趣味の部屋」の感想 ~ ネタバレしてます

 シゲちゃんが客演した 中井貴一さん主演の舞台「趣味の部屋」の札幌での大千秋楽を見てきました。

 ということで 一区切りがつきましたので、今回の舞台の総評を書きます~

 以下、ネタばれ してます。(DVDやWOWOWでの放映があるかもしれないので、見てない方は絶対読まないで)

 舞台を観てないとわからないので、観てない人は読まないでくださいまし。

 今回の舞台は 幸運にも 初日、中日、東京楽日、大千秋楽と4回も観ることができました。チケットを譲っていただいたマイミクさんに感謝です。

 とても面白くて なんども観たくなる素晴らしい舞台でした。

 その上での感想~ 

                    ↓

                    ↓

 すべて観終わって言える事は、今回のお芝居は 観客に集中力を要求した舞台だったんだなっていうこと

 どんでん返しがくりかえされて、観客ははめられて盛り上がりました。しかしそれは 時にして笑いのタイミング、拍手のタイミングにずれがおき、流れが遮断されてしまうという諸刃の剣状態だったように思えます。

 やっかいなことに、さらにこの舞台、コメディー的要素がふんだんに盛り込まれていたということも、その要因であったのですが・・・ 笑うだけではなく、拍手が起きる場面が多かったように思えます。

 特にシゲちゃんのセリフやパフォーマンスは 今回は「うけて」しまい、笑いや多くの拍手が起きて、他の役者さんの次のセリフが聞き取れないということがありまして・・・ よく NACSファンは笑いの沸点が低いと言われますが、今回は 本当に面白かったんだもん・・・笑っていたのはNACSファンだけじゃないもん~ と言いたああい。確かに 今思えば、拍手はしない方が良かったのかもしれません。

 シゲちゃんだけではなく 中井さんの演技にも笑いは起きていて、時には 演出の意図に応えらず、笑う場面ではないはずなのに、笑いがおきてしまっていたのが惜しまれます。 中井さんの多重人格が現れる場面や、最後の台詞の後とか・・・ 3日に観劇したときは ひどくて 個人的は その笑いを聞いたときには 最後の最後になんだと 興ざめしてしまいました。

 拍手も難しく、札幌の千秋楽では、一度退出した後に再度戻ってきたときに 終わったと思った観客から割れんばかりの拍手がおきてしましって、次の種明かしの中井さんやシゲちゃんのセリフが聞こえなくなったという一幕もありました。

 以前、NACSの森崎さんが、「NACSのお芝居は、舞台上だけではなく、最終的にお客様を演出することを一番重要にかんがえています」といったようなことを何かの取材で話していたことがありました。

 今回の「趣味の部屋」は 客側を演出しきれなかったといえばなかったのかなと・・・・ 

 私たち観客側にも問題があるのかもしれないですね。冒頭でいったように あくまでもサスペンスということを念頭に置いて観ていれば 不用意に笑続けることもないし、拍手もし続けることもないし・・・ 

 生の舞台の一方通行じゃないところに醍醐味があるとは思うのですが、その分 観客側にも求められるものも多いっていうこなんでしょう。

 目指せ『プロの客』ですな。

|

« 舞台「趣味の部屋」の初日に行ってきました ~ ネタバレしないように頑張り中 | トップページ | 舞台「趣味の部屋」の札幌千秋楽の覚書 ~ ネタバレもしてるかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62787/57275345

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台「趣味の部屋」の感想 ~ ネタバレしてます:

« 舞台「趣味の部屋」の初日に行ってきました ~ ネタバレしないように頑張り中 | トップページ | 舞台「趣味の部屋」の札幌千秋楽の覚書 ~ ネタバレもしてるかも »