« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月20日 (日曜日)

風炉点前

Img_2333

  先週から 風炉のお点前になっています。

 いやあ、せっかく「炉」でお薄の平点前は何とかできるようになって、先生に

「次回は濃茶ね」

って言ってもらったのに、風炉になって 又後退・・・・・・ すっかり半年前のお点前忘れています。

久しぶりにチャレンジした「引き柄杓」 で、親指つるし・・・・

Img_2331

 なんか お軸も 私の心境にぴったりで思わず苦笑~

 それでも、大先生に 「お点前綺麗になったわね」と声をかけていただき 嬉しかったです。

 もっと精進しなきゃあ。

 来週は「風炉開き」があるのですが、関西出張が入っちゃったのでお休みです。

 美味しい上生と味吉祥のお弁当がいただけるのに ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月曜日)

『ペコちゃんの帽子』をお土産にもらいました・・・

Img_23242

 東京駅八重洲口にできた話題の「おかしランド」に期間限定で入っている「不二家」さんの『ペコちゃんの帽子』をお土産にもらいました。

 美味しそう~ ってみんなで手に取ってかぶりついたら、中からクリームが飛び出し 一同悲鳴・・・

 箱の中にストロー発見。

 そうなんです。これって『飲むシュークリーム』なんですって。

 先に皮にストローをさして 中のクリームを飲んで味わってから食べる…っていう順番があったみたい。

 全員、手遅れで悲惨なことに・・・・・・

 美味しかったけどね・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水曜日)

ネタバレしています~TEAM NACS 「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」仙台公演

  5月2日

 TEAM NACS 「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」の全国公演も 好評のうちに折り返したようですね。

 雑誌にも 舞台写真や一部ネタバレも出てきているようで~

 自粛(?)していた 仙台公演の感想の公開もしちゃっても問題ないかな。

 読み直してみると 大した事書いてないし。

 では 公開

           ↓

 ド派手で迫力と話題の TEAM NACS 「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」仙台公演を観てきました。 

 14日と15日 2日間続けて観ちゃいました。やったね!

 14日のチケットは mixiのコミュニティで知り合ったマイミクの東京の方に譲っていただきました。私の初NACS舞台を実現してくれた 彼女には 本当に感謝、感謝で、言葉にできません。

 15日は 14日の公演があまりにも素晴らしくて、もう一度みたくて 当日券を並んでGET !! えらいぞ自分。

 席が違うタイプだったので、別な見方ができて 本当に良かったです。

 初日の14日 全体を見渡せる席だったので、主に 洋ちゃんの「光秀」とシゲの「信長」の「恰好良さ」にうっとりして終わった感がありました。二人とも 殺陣が凄かったし、「声」が良かったです。(私って 声フェチなんです~)

 洋ちゃん は テレビや映画の発声方法が全然違っていて 本来の舞台俳優としての才能を余すことなく見せてくれました。殺陣も良かったなあ、手足の長さが生かされていて 綺麗でした。

 シゲは 本当に「信長」。低音の響きにシビレまくり。今回のポスターで 一番恰好良かった戸次さん。舞台でも 期待通り、一番 イケメンで恰好良く映えていました。

 まあ、いろんな面で 一番損で 「残念」な役だったような気もします。これだけの隙のないキャラクター設定は セリフを噛んだり、動きをまちがったりすることは 許されないから、かなりのプレッシャーがかかっているんじゃないかと思います。

 カーテンコールで 「唯一自分だけが、面白いこと言えなくて ストレスが貯まる~ 」ってぼやいていたけど、「冷徹」な部分を終始通す信長役は 人間らしいさの多面性を追求した人物設定である、「家康、光秀、秀吉」のキャラクターとの対比で必要な設定だったと思います。 クールな役柄は メンバーの中では シゲにしかできないと思うから、しかたがない。

 それでも 「信長」の「勝家」へのいじりは かなり 笑えたんだけどね。

 好きなりそう、シゲ。この前までは「子猫」だったんですが 「子残念」な自分にも目覚めちゃいましたあ。

 まあ 話題のカーテンコールは「残念」キャラの本領発揮だったんですが~

Dsc_0083

 2日目の15日は 一番前の舞台そでで 役者さんの表情がガンミできるところでした。

(早起きして  一番目に並びました。リーダーがCUEのブログで今回は 特別に追加で用意できますって書いてたので 並びました。この年で並ぶのはかなり大変だったけど、 席に着いた時点で 舞台の近さに感動のあまり泣いてしまいましたあ。)

 この日は 特に安田さんと音尾さんの表情が見えて 彼らの迫真の演技に胸が苦しくなりました。 二人は 「俳優」というより「役者」と呼びたい、職人的な要素が強いですよね。年を重ねるにつれて、どんどん凄さが増すと思います。

 音尾さんの秀吉も、安田さんの家康も昨日より 深みがあったと思います。安田さんの家康は切なかったです。

 今後も 個々の活躍も目が離せないですよ。

 リーダー森崎さんは 終始狂言回し的なキャラで なごませました。「信長」と森崎「勝家」の絡みは、今回の舞台の中で好きな場面の一つです。信長が一番信頼していたのは 勝家だったんでしょうね。孤独な信長の救いがそこにあったように思いました。信長同様、NACSファンが 今回の舞台で一番安心してみていられるのは森崎さんであり 森崎勝家なんだよねえ。 

 後で CUEブログで知ったんですが、森崎さんは 公演中に舌を噛んで 大出血していたらしいです。全然わからなかったです。大きな声の役だったから 終始 大きく口を開けて 声を張り上げていましたので、そんなことがあったとは~

 これだけ凄いパワーを持った役者さんが5人揃っている舞台に 席が近いと生の凄い「気」が直接くるので、観終わったら もう クタクタで、頭はガンガン痛くなるし ・・・ 

 舞台から去っていく洋ちゃんの笑顔と投げキッスを近くで見れて癒されなかったら、呼吸がとまっちゃったかもね。

 やっぱり「子猫」でいます。

 大泉洋さん・・・・ しゃべらない水縞君役は合わない~、なんて言ってすいません。

 ユーコン川で スプレーしていても構いません。

 大泉さんは2枚目もできるって確信しました。愛を感じました。素敵です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 「アンダルシア」女神の報復を見ました

61dmbrpncul__aa1000_

 WOWOWでみた。

 織田裕二の外交官黒田シリーズの二作目。
 前作は映画館でみたけど、カメラワークがあまり良くなくて、画面のぶれがひどくて、とても残念だったので、この作品は映画館ではみなかった。

 実際、テレビで観てみて、前作より面白かったと思う。

  封きり当時の宣伝では、福山雅治の共演を強調していたけど、実際は伊藤英明が今回のパートナー。それとも もともと 福山にしたかったけど、ちょっとヘタレがはいった役はしないのか? 
 ヘタレというか苦悩する伊藤英明は格好いい。海猿よりも良い。今回の俳優陣は充実していたと思う。自殺(?)しちゃう警視総監の息子役の谷原も 出番が少ないのにこのクラスを配役しちゃうんだあとびっくり。

 さらにNACSファンとしては あの音尾琢磨くんが なんと 外務省の秘書官として出ているし~ 最後の方には アップがあって 嬉しかった~ 次回作がれば、もっと 話に絡んでほしいな。演技力のある役者さんなので、期待大。

 
 それに比べて 女優陣。前作からの戸田恵梨香の外務省の同僚役はともかく、今回のヒロインの黒木メイサがいただけない。若すぎる。外資銀行の銀行員が20代前半の彼女では無理。いくらんんでも 三十代じゃないとおかしい設定。 大人っぽいといっても 不自然。もっと大人で演技力のある女優さんじゃないとねえ。

 とても残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火曜日)

「茶禅草堂」のお茶会「清風茶會」行ってきました

 中国政府認定・高級茶芸技師の岩咲ナオコさんが主宰する「茶禅草堂」のお茶会「清風茶會」行ってきました。

 http://cha-zen.com/index.html

Img_22221

 場所は 五反田の薬師寺東京別館。

Img_22151  

 畳の上に 正座していただきました。

Img_22171

  お茶は 今年の杉林渓高山茶と阿里山の伝統烏龍茶の2種類。

 日本の煎茶道や茶道のお点前に近いこのような形の中国茶会は初めての経験。

 煎茶道も窮めていらっしゃる岩咲さんが、中国茶芸に禅の心を取り入れたいとはじめた茶ZEN(茶禅草堂)ならではと思います。

 貴重な経験、ありがとうございました。

Img_22091

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香白韻 茶事『Parisの中国人』 に行ってきました

 「香白韻」の中国茶&台湾茶会『Parisの中国人』に行ってきました。

 http://chanoyu-china.at.webry.info/201203/article_3.html

 「香白韻」は 今 もっとも素敵な中国茶席設計する うらりんさんが主宰している茶塾です。

 会場は恵比寿のスタジオ。

 前回の茶会から16ヶ月ぶりの開催。 素敵な茶会だったという評判を聞いていましたので、次回は 是非是非参加させてほしいと 昨年お会いした時に うらりんさんにお願いしていました。今回 覚えていていただいて お声掛けいただきました。 無事参加の運びに~ やったね。

Img_21742

 会場は パリにある中国カフェをイメージしたという素敵な茶空間が広がっておりました。

 茶席は 11時からと 15時からの2回。どちらも満席です。(早く予約していて良かったです~)

 Img_21712

 素敵な茶席が 5席。

Img_21772_2

 私は 緑の茶席で杉林渓高山茶、鳳凰単そうの杏仁香の2種類。

Img_21852

 お菓子とクリスタルボウルの演奏を挿んで白の茶席で 東方美人をいただきました。

Img_22052

 クリスタルボウルの演奏は初めて。ヒーリング、デトリックス効果もあるという注目の楽器とのことでした。

 不思議な音ですが、仏具のリンやお寺の鐘の音にも近いものがありました。邪気を払って空間を清めるための「リン」や「鐘」。クリスタルボウルも同じ周波数なのでしょう。

Img_22042

 恵比寿という都会の真ん中の 癒しの茶空間体験。

Img_21782

 

 うらりんさん お誘いありがとうござました。

 次回も お声掛けくださいませ~

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »