« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月27日 (火曜日)

香白韻 『Parisの中国人』の案内をいただきました

今、もっとも素敵な中国茶席をつくれる方の一人であるうらりんさんがプロデュースする、香白韻 の中国&台湾茶会が来月あります。以前お会いした時に 次回、是非参加させてほしいとお願いしていたのでご案内をいただきました

 今回のテーマは 『Parisの中国人』。

 ブログを拝見しましたら 残席は4席とのこと。即申し込んいて良かった~

 http://chanoyu-china.at.webry.info/201203/article_3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月曜日)

日本茶インストラクター協会の研修会に行ってきました

Dsc_0042

  昨日は日本茶インストラクター協会の宮城県支部の研修会に参加。

今回は織田流煎茶道の先生でもあるインストラクターの方に、講師になっていただき、「煎茶道体験講座」です。

 煎茶道は抹茶や中国茶芸の基本に近いので 以前から興味がありました。習いたいのですが、茶道の方も未だに 基本習得ができていないのに・・・・  これ以上半端なことをやるのも・・・ということだったので、さわりだけやる機会があったら…と思っていました。

 この様な機会はとても嬉しいです。

 先生の流れるようなお点前と、美味しいお茶~

 ありがとうございました。

Dsc_0053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土曜日)

映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」を観ました 

 ジュード・ロウの「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」の画像

 前作同様 ジュード=ロウが好きなので、見に行ってきました。

 ハンチング帽にパイプ、スマートな身なりで難事件を解決する英国紳士。これが、おおよそのシャーロック・ホームズという原作からのイメージだと、むしろホームズはジュードなんだけど、コカイン中毒っていうところ忠実に再現すると、ロバートなのかなあ。リッチー監督は みんなのイメージを翻すところにあるようだから仕方がないのかもしれません。ロバート・ダウニーJRは病んだヒーローを演じさせたらピカイチなのはアイアンマンで実証済み。

 映画としては、女性占い師のシムの役回りが存在がでいらないと思う。花をそえたかったんだろうが、中途半端なおまけみたい。本家のドラゴンタトゥーの女で注目の女優さんだから採用したんだと思うけど~花らしい花を添えてほしかったです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「戦火の馬」を観ました ~ ネタばれ

戦火の馬の場面カット

 この映画の登場人物は 前回みた「ドラゴンタトゥーの女」とは違って皆根本的に善人ばかりなのである。それなのに設定は「戦争」なのだ。

 スピルバーグは戦争のファンタジーを描いてしまった。「シンドラーのリスト」で「戦争は常に人間の最悪の部分を引き出す」という名言を唱えた監督とは思えない描き方である。

 子供向けの戦争映画と言わざるを得ない。

 ストーリーはわかりやすくて 良いとは思うけど、 今の時代だからこそ、「戦争」と「原発」に関してはオブラートに包むのはあまり良くないような気がするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ドラゴンタトゥーの女」を観ました~ ネタばれしてます。

画像

 オープニングのタイトルシークエンスは必見。トレント・レズナーがカバーしたレッド・ツェッペリンの「移民の歌」のミュージックビディオになっていて くりひろげられる映像も「凄い」のひと言。デビット=フィンチャー監督の映像作家としての本領発揮している作品になっている。

 これを観るためにこの映画を見る価値はある。何せ内容が内容で、R-15世界だから まあ テレビで放映されることはないので お金を払って映画館にくるかDVD化を待つか・・・ 迫力ということでは 映画館のスクリーンで味わうのが一番だと思うのでオススメ。

 どうしてR-15なのかというと、描写もさることながら 本来守らなければならない立場の人が 加害者で 守ってなきゃいけない相手が被害者となる絶対あってはいけない設定がこれでもかと繰り広げられるからである。そういう意味ではR-20にすべき内容だと思うんだけど なぜかR-15なんだなあ。

 まあ 被害者も手加減なしの逆襲なんで 画面の残虐性がより爽快感を誘ってくれたりする。

 全体的に 切り裂くような寒さを感じさせる北欧の雪景色と スェーデン家具や服のセンスのよさも含めて画面がきれい。それでいて残酷な描写は手加減なしで見せ付けてくれる。導入部分だけではないのである。

 それにしても 主要な登場人物はみんな「おかしい」。まともじゃない。それでも、カッコよく思えるのは 半端じゃないからかな。

 最後の部分は原作にないらしく、評価している論評も多いけど、私的には なくてもエピソードだったんじゃないかと思う。

 いずれにしても、第2部、第3部までいってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月曜日)

大炉のお点前を拝見しました



 初釜以来、お稽古を休んでいましたが ようやく お稽古に行ってきました。
 
 行ってびっくり。本日は「大炉」点前のお稽古・・・・
 先生が残念そうに 「茶丸さんはできないわよねえ・・・」と一言。

 大炉はその名の通り、通常の炉より大きく、1尺8寸で、炉縁は丸太木地を使っています。
 何が難しいかというと、 炉の切り方には本勝手と逆勝手がありますが、大炉では逆勝手に炉が切られています。 そのため、お点前が右左が逆になっちゃいます。入り方から、帛紗の捌く位置も逆、道具の位置も微妙にちがうんです。 いつもより 考えてお点前しなきゃならない。ということで 基本の平点前で 未だに つまづいている 私には「無理」ですわあ。

 それでも 茶銘をもっている 先輩は 大炉にもかかわらず 濃茶の流れるようなお点前でした。日本舞踊のように滑らかなお点前をする方だといつも思っていましたが さすが…の一言。

 本来 2月にするお点前とか。
 来年は 大炉でのお点前ができるようになっていたいです。精進あるのみですよね~

 恒例の茶杓の銘のお尋ねに対し 「巣立ち」とか「第一声」とか・・・ 

 学校関係の方が多い本日のお稽古ならではのお応えでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月曜日)

忠衛門のつけ麺セット

Img_2066

 イオンモール石巻に行ったら お昼はこれで~ と同僚から 強く推薦された フードコート内の忠右衛門のつけ麺セット。

 こだわりの卵麺がイケます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石巻日日新聞 3月12日号

Img_2074 

 イオンモール石巻に行ってきました。

 石巻日日新聞の壁新聞が展示してありました。

 昨日の「情熱大陸」でも取り上げられた 石巻の地元紙です。水没した輪転機のかわりに 壁新聞を手書きでつくり 石巻の避難所に情報を届け続けた地元紙です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日曜日)

ネタばれしてます。映画「ヒューゴの不思議な発明」について言いたい事。

「不思議な発明」という題名と時計仕掛け人形を前面にだした予告編に ファンタジーかなって思ってみたけど、違いますよね。本当は・・・

 そういうストーリー展開を期待してみていたので、前半は少々困惑してしまった感はあります。

違うんじゃないかと・・・・あれ???

いつ 発明品が出てくるのかと待ってるのにで、でてこないしいいいと。

苦手な3Dメガネで目が疲れてたこともあったので、睡魔にすら襲われて、大変でした。

 パパ・ジョルジュがこの作品の真のの主人公で マーティン=スコセッシ監督版「ニューシシネマパラダイス」だと納得したときには すでに終盤。

 この映画で 娯楽としてより 新たな芸術の創出をスコセッシ監督は狙っていたと思うんだけどなあ。だからアカデミー賞の作品賞にもノミネートされたんだと思うのです。

 特撮映画のパイオニアに対する敬意を、3Dという最新の技術を駆使した画像で表した画期的な作品なんですよ。本当は

 だいたい、原題は「HUGO」。不思議な発明だなんて一言も言ってないし・・・

 邦題が悪い、題名がああ。

 子供向けのようなこの邦題が全ての諸悪の根源ですよ。と 自分の思い込みを棚に上げて責めちゃおうっと。

 せめて「ヒューゴ」の後には「と」なんじゃなかと・・・「ヒューゴと不思議な発明」だったら まだわかるんだけどな。

 Dヒューゴの不思議な発明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木曜日)

浦和の「 力 」に行ってきました

 浦和の居酒屋「力」に行ってきました~

Img_1939

 浦和レッズを応援している居酒屋さんです。

 店内には 大型スクリーンでサッカーの試合が映し出されていまいた。

Img_1942

オリジナルのレッズ割です~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火曜日)

新幹線開通1周年~!

本日 またまた五所川原店に行ってきました。
 五所川原からは 新青森経由で帰ってきたのですが、新青森駅でちょうど 新幹線開通1周年ということで、ご当地キャラのお出迎えがありました。





 新青森まで 仙台から2時間かからず到着します。以前なら 八戸まで新幹線を利用しても 待ち合わせが悪いと6時間くらいかかった五所川原までの出張が、最短3時間半で着いちゃう。
 便利になりました。

 それにしても、こちらのご当地キャラ、後姿が可愛い~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »