« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月14日 (金曜日)

茶丸、ほんの少しだけ痩せる

        Img_1512

  この間、半年ぶりに体重計にのったら、痩せてました。 ほんの少しです。ただし、食事制限も特にしていないのに 痩せたので 本人ひそかに 「やった~」って思っています。

 なんでやせたんだろ、って思ってみて、以前とちがうことは・・・

 「バイクに乗らなくなった」

 バイクの自賠責が切れたところで、ブレーキが故障してしまったので、これを機会に修理しようかしまいか、迷っています。しかたがないので、通勤は「徒歩」、ときどき 地下鉄。30~40分くらいの歩きは、かなり有効と思います。

 仕事の移動手段は 以前はバイクでしたが「地下鉄」や「JR」。つなぎで歩くことが増えました。

 「太極拳をはじめた」

 これやると、新陳代謝があがっているって効果を実感できるんだけど、いろいろ用事が重なって、ほんと、行ってない・・・・。

 肩こりの解消にもなるので、行きたいです。

 「桑茶をのんでいる」

 3日に一回くらいかな。飲んでます。粉末タイプを大ぶりのマグカップに入れて飲んでます。

 粉末は 底に沈んでくるから、デスクワークのときお湯を継ぎ足しながら飲んでます。一気に飲むと 沈殿部分を飲みきれないので、時間があるときに限られちゃう。

 もともと 桑茶って栄西が「喫茶養生記」にお茶と一緒に記されており、そのころから「糖尿病」に良いことは認められていたようです。それでも お茶ほど浸透しなかったのは その頃は「酒害」はあっても「糖尿病」は少なかったということなのかな。

 どれも、きちんと毎日実行しているわけではないのに これだけ痩せれたということは、毎日やったら、もっと効果があるっていうことよねえ~ と気付いてしまったのであります。

 毎日 実行することを目標に 今年はしてみよっと。

 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月曜日)

初級茶芸師準備講座

 昨日、渋谷に中国茶の「初級茶芸師準備講座」を受けに行ってきました。

 私は 一応 上から2番目の「茶芸技師」までの資格は取得していますが、舞台で披露すると、必ずふるえちゃう情けない茶芸師なんですよ。それじゃあいかん、自信なさすぎと、ブラッシュアップのために受けました。

 今回の講座の担当の先生は、中国茶はもちろん、日本茶道も含め「茶」に関する見識が深く、「茶芸」も基本に沿ったシンプルな美しい所作をするA先生。実は、インストラクターも茶芸技師も一緒に取得した同期さんです。とはいえ、レベルが違いすぎる~ トホホ sadsad

 今回は 日頃、親しく連絡を取っていることもあり ずうずうしく押しかけて受講してきました。

 Aさんの声って ほんと聞きやすく、わかりやすのであります。講座もとても 親切で分かりやすい表現をしているので、これなら 習得率も高いだろうなと感心。

 私めも しっかり復習ができて満足でした。

 中級の準備講座も 5月にあるんだけど うけちゃお。講師 またAさんならいいなあ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初釜

 本日は「初釜」Img_1507

 50の手習いで日本茶道をはじめて 半年。 

 いまだに 帛紗もうまくさばけず、茶巾もきちんとたためない情けない生徒でありますが・・・

土曜日教室のおおらかな先生と先輩に甘えて、初釜にも参加できることになりました。

 お軸は南禅寺の管長さんがかかれた「神」。迫力です。しだれ柳も圧巻です。岡山からとりよせたとか。

  みなさま、お着物だったんですが、私めは 初心者だし・・・・ と洋服で~

 来年は絶対着ますよ。嫁入り道具に 着物は一式持たされてるんです~ ただし 太っちゃったから着れないものばかり。そのためにもやせなくっちゃ!

         Img_1508

 本日の初釜では、先生が「真台子のお点前」で淹れているのを、のぞかせていただきました。

 裏千家の最後の奥義として伝えられるものなんだそうです。

 そこまでたどり着くことができるのか・・・ 先は長いです。

 お片付けのときに 真台子の箱にはさまっていた新聞が「昭和28年」でした。お値打ちものですね。先代のおかみさんの物なんじゃないかな。

 主菓子は 「売茶翁」の「兔」でした・・・ 写真を撮れなかったのが残念。薄紅色の兔に金箔の梅が印てありました。

 お弁当は 味吉祥。ほんと美味。

 程よい緊張が心地よい半日でした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »