« 2009年6月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火曜日)

茶丸の今日のお茶

 美味しいお茶入れたいです、がんばろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土曜日)

美男かづら

 今日のお稽古の茶花は鵯上戸だったんだけど、他の方に聞かれて「美男かづら」ですよと、嘘を教えて顰蹙を買いました (A;´・ω・)アセアセ

 だって この間のお稽古のときに見た「美男かづら」(写真参照)と実が似ていたんだもん。

Img_1341

 うーん。ちがうかな。やっぱり・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金色の街

           

            Img_1395

 道一杯に銀杏の葉が落ちています。

 ただし・・・ ギンナン注意。落ち葉に隠れていて触ったら かぶれて大変なことになりますよ。

            Img_1396

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御濃茶の点前

Img_1393

 本日、久しぶりのお稽古。

 濃茶をはじめていただく。呑み方の作法を教えていただく。

 「後の人の分も残しておいてね」と先生。あはは(=´Д`=)ゞ 

 茶花は 鵯上戸 (ひよどりじょうご)と愛姫(めごひめ) 。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水曜日)

「地球にやさしい中国茶交流会」

「地球にやさしい中国茶交流会」があります。
   12月5日 6日 東京都立産業貿易センター 浜松町館
 → http://cttea.info/teaparty/

 中国茶の関連の人気のお店や団体が一同に集まって開催されるイベントです。中国茶席はもちろん 今回はフリーマーケットやセミナーもあります。
 私は中国茶インストラクターが主催する「四時茶席」の淹れ手として参加します。
 → http://cttea.info/teaparty/chaseki/shiji
 
 「四時茶席」は予約制ですので、お早目に申し込んでおくことをお勧めします。どの淹れ手も美味しいお茶を淹れますが~

 個人的におすすめは 5日の日曜日だったら 11:30と12:30の「夏雲冬嶺コース」。6日月曜日だったら「春水秋月コース」の14:00と15:00。
 お客として参加したい茶席です。
 
         Img_1307 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月曜日)

クリスマスイルミネーション

Img_1295

 早いもので ロイヤルパークホテルの入り口のクリスマスツリー。

 今年も早々と飾られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木曜日)

金子園さんのティスティングフェステバルに行ってきました

              Fes2010_2

 東京の金子園さんで毎年開催されている「日本茶ティスティングフェスティバル2010に行ってきました。

 金子園さんおすすめの20種類のお茶が呑める試飲会です。

 一つ一つのお茶を急須で丁寧に淹れてくれるので、本当 美味しいお茶が呑めるんです。抹茶や玉露もいただきました。品評会受賞茶は美味しかったです。

 会場内は撮影禁止なのでご紹介できないけど、多くのお客様が着ていて大盛況。

 20種類の日本茶を飲むと、さすがの私もお茶酔いしちゃいました。

 ビギナー向けのお茶の淹れ方教室もあり、とても勉強になりました。焙烙を買ってしまいました。

 店員さんたちが 皆 笑顔で応対してくださってとても素晴らしい。是非見習わせてください。

 昨年の会場風景 今年は休憩スペースも用意されていてなるほどの世界 → http://www.beautea-cafe.com/product/cha_howto/tfes_info.html

 来年も応募しよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界お茶まつりにいってきました ~ その3

● 中国茶席です。 

Img_1213_2 Img_1201 Img_1212_5 Img_1198   

● 煎茶道の茶席

 様式美です。凛と張った空気が美しいです。

 今、茶道を始めたばかりなので、煎茶道まで習いに行く時間は作れないけど、いつか習いたいです。

 売茶翁の文人茶ですよね。憧れます。

Img_1252 Img_1250_3

 時間が無かったので、参加できなかった茶席やセミナーが多くて、心残りです。

 3年後は もう 静岡で開催されないという話も聞きました。

 静岡だけでの開催は「世界」を名乗れないからということなんでしょうか。でも 日本最大の生産地である静岡こそ開催する意義と権利があるようにも思えるのですが~ 

 日本茶だけではなく、「茶」そのものが 食卓から消えつつあります。茶は文化性のある飲み物です。日本文化を守るためにこのイベントは大変意義があるものだと思うのですが~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界お茶まつりにいってきました ~ その2

 世界お茶まつりでは、グランシップの建物の中だけではなくお茶の魅力を体験できるツアー もありました。

ということで、今回はそふと研究室旅行センターさんのツアーで、「茶商の仕事拝見ミニツアー」に参加しました。

 本当は 「丸子紅茶で学ぶ」ツアーに申し込んだんですが、前日の台風のせいでお茶が取れないということで中止になったんです。それで代わりに申し込んだんですが、これはこれで、新たな発見が多くてとても良かったです。ご提案いただいた、旅行センターの望月さんに感謝です。ありがとうございました。

 ミニツアーは 荒茶の取引をしている静岡茶市場からスタート。社長さん自ら 説明していただきました。

 日本茶の仕事をしていながら、荒茶取引の現場をみるのは初めて。荒茶工場は8年前に社員旅行で静岡に来た時に見たけれど、取引市場はみなかったです。

Img_1101 Img_1045 Img_1043 Img_1039 Img_1042 Img_1044

 お茶の鑑定を利き茶の最高位十段取得者の前田文夫さんにhttp://www.geocities.jp/yamahachi_cha/page018.html に披露していただきました。

 お名前だけは聞いていたのですが ホンモノとここでお会いできるとは~ 感激。色紙もってくりゃ良かった。

Img_1063 Img_1098 Img_1079

 仕上げをしている「和田長治商店」 http://sumibicha.com/ さんにお邪魔しました。

 お茶加工現場を見せていただきました。

 和田社長さんが 富士山山頂の神社まで運んで行ってお祓いをしていただいたありがたいお茶をいただきました。やった~

Img_1105 Img_1109 Img_1114

 説明してくださったお兄さんはイケメン君でした。お茶職人としての若い情熱に圧倒されました。静岡は、前田10段もでしたがイケメンが多いですね~ 

Img_1134  

 一番 素敵だと思ったのは この道 云10年の仕上げ職人の彼。ほんと、一つの道を窮めた方の瞳のきらめきに勝るものはありません!

 戻ってから、同僚に「静岡の女性は?」って聞かれましたが・・・・・・

 すいません。男性に気を取られてノーチェックでした。

 真面目な話 今回は 私自身 お茶屋勤めも長く、日本茶インストラクターの資格もとってはいるので 知っていることばかりでしたが 現場に立つと 新たな発見と感動がありました。見るって本当に大切です。

 なんか 自分もがんばってお茶を売らなきゃあって使命感に駆られましたね。負けてはおられん~ て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火曜日)

静岡グルメ

えびいも           

          Img_1218

わさびのりいりおにぎり

          Img_1225

静岡茶漬け

           Img_1223

はんぺんフライ

           Img_1222

緑茶ハイ

           Img_1214

メニュー

Img_1215

静岡おでん

   ジャガイモが美味

   はんぺんもいけます。

   こちらのお店は おでん1本105円

Img_1216

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月曜日)

世界お茶まつりにいってきました

      Img_1179_3

 静岡で10月28日から4日間 開催されていました「世界お茶まつり」を見に行ってきました。

 ほんと 久しぶりのブログの更新ですが、お茶にかけるみんなの思いの熱さが伝わってくる素晴らしいイベントだと思うので、載せちゃいます。

●  「茶壺の口切」

Img_1031_3 Img_1032_3

静岡県の西部に位置する掛川市は、深蒸し煎茶で有名ですが、抹茶の原料となるてん茶も生産しているそうです。今回の日本茶道の中で受け継がれてきた「口切りの儀」は、掛川の碾茶を使ったんだそうです。

(てん茶製造:富士東製茶、松下園、口切りの儀執行:日本茶道塾)

● 在来種のお茶を使った茶会「喫茶ふじとう~先人の想いを今に~」

Img_1180_2

 在来種を抹茶に引いてもてなしてくださいました。今回のお茶まつりの参加ブースの中でも 特にお茶に対する思いが熱かったブースです。

 諸事情で席には座れなかったけど、美味しいお茶を淹れてくれたことは間違いなしのコーナー。

● 「創意工夫・ノ貫(へちかん)の出会い茶屋」

 日本茶カリスマインストラクター山大園の渡邉栄一さんのブースです。この方の講座を受けれただけでも ここに来たかいがあり。

 楽しいし、深みがあるし~ 珍しい手もみのお茶もいただけました。

 この方の茶席の代金は フリーだったんですが、すいません。500円しかなかったのでそれで勘弁していただきました。本当はもっと価値がある内容だったんです。渡邉先生 本当に失礼いたしました。

   Img_1264

  Img_1262Img_1263 

● 川根茶を日本茶インストラクターの方たちが紹介していました

 金曜日に座ったのですが、とても良かったので日曜日にも 友達と一緒におじゃましちゃいました。

  お茶もおいしかった~ これで500円はかなり得した気分。

  簡単な(?)闘茶と品評会の金賞茶をいただきました

            Img_1186

  

●  『中国茶藝師の世界』

 中国茶芸技師の茶芸披露です。

 わたしの茶友でもある彼女たちは、中国茶芸を芸術に引き上げた功労者です。

Img_1203Img_1204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2010年12月 »