« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月23日 (土曜日)

エラゴン

 これ、R2-D2とC-3POが出てこない「スターウォーズ エピソードⅣ」です。ストーリーも人物設定も・・・

 原作を読んでいないから なんともいえないけど、こんなことゆるされるんだ、という感じ・・・・・

エラゴン 遺志を継ぐ者

エラゴン 遺志を継ぐ者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木曜日)

光のページェント

061213_2047012_2

 今年も、光のページェントの季節になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土曜日)

千年古茶青プーアール

 このお店のお茶を飲むと「焙煎」感が変ります。

 Dscn2912

 最近、プーアル茶を色々飲んでみているんだけど、やっぱり「生茶」でしょう~

ということで、「生茶」を飲んでいるんだけど、どれもこれも美味しいと思わないものばかり。香りはあるんだけど、渋くて 深みが無い。

 確かに講習会でいただいた20年ものや30年もの生茶のビンテージは美味しかった。

 もともとプーアル茶に無縁だから、たま~にのむ極上品が生茶の規準になっているという、なんとも不経済な現実。むしろプーアル茶は熟茶のほうが,はじめから有しているイメージに近く、美味しく飲めるのかもしれないと思い始めていた。

 今回2002年ものの しゃおしゃんの生茶を飲んで、プーアル茶の生茶の美味しさって、熟茶とは別物だと納得。というより、若い生茶って 年代ものとはちがう魅力があるということを発見できた。生茶は年代が増すと価値はあがるけど、若い生茶には又別な「魅力」があるということで納得。

 浅い年数では 生茶の後発酵は「香り」の部分のみだということ。その香りは、青茶よりも深いものがあるということを発見。

 もちろん 味の部分はまだ、甘さに変わる前の渋みがのこっているから、その辺は確かに問題かも~。

 その辺をクリアしたのが「しゃおしゃん」の生茶。「焙煎」することで、香りを残すだけではなくよりきわだたせ、味のほうは渋みを抑えることに成功している~!

 のど越しに戻ってくる余韻は、かなり強いもので、びっくりデス。

Dscn2919

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金曜日)

盛岡の中国茶

 以前より興味があった盛岡の中国茶のお店にいってきました。

 一軒目は「時の形見」さん。

 東京で中国茶の講習会で何度かご一緒した店主さんは、この秋に体を壊されて大変だったと聞いていたので、元気そうな姿を拝見できて一安心。それどころか、来春、新しいビルに、お店を移転するとのことで、お忙しそうでした。

 美味しい「鉄観音(たぶん・・・)とチャーシュー饅のセット」をいただきました。

 頑張っている姿に、私も負けずに頑張らなくっちゃと、とてもいい刺激を受けました。

 2軒目は、以前から雑誌やネットで拝見していて、行ってみたいと常々おもっていた「焙煎工房しゃおしゃん」さん。どちらかというとサロン??方式っていうのかな。来た方にお茶を飲んでもらって、説明して納得行っていただいたものを購入してもらうという方式のお店です。
 場所がわからなかったので、乗ったタクシーから電話で場所を聞いたのですが、道路まで迎えに来てくれてびっくり。
 お店はシンプルだったけど、温かい店主のお点前で2種類のお茶を各5煎まで淹れていただきました。ガラス窓越しに流れる北上川の夕暮れと夜への移り変わりと、店主のおっとりとした柔らかい口調でのお茶の説明に耳をかたむけて、静かな癒される時間をすごすことが出来ました。

 

 2軒ともお茶がとても美味しくて、感激。

 お茶を 大切にしてらっしゃるお店です。

時の形見         http://katami.ca7.jp/

焙煎工房しゃおしゃん  http://www8.plala.or.jp/xiaoxiang/index.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶丸盛岡にいく

 盛岡に 同僚たちと遊びに行って来ました。

Dscn2894_1

 私は、そんなに寒いと思わなかったのですが、一緒に行った若い二人は、唇真っ白~。寒くて我慢できないと騒いでおりました。

 Dscn2905

 お昼は、盛岡3大麺のひとつ 「じゃじゃ麺」。

Dscn2906

Dscn2909

もちろん、観光も~

岩手公園の城跡です。

Dscn2907

 雫石で行われた、スキーのワールドカップのときのメダリストたちの手形。

Dscn2913

Dscn2914 

お土産は南部せんべい。

いろんな種類があってびっくり。

お店ではいろんな試食も出ていたし、1枚焼きたてとお茶までいただいて恐縮~

お土産にチョコレート付の煎餅を購入。

Dscn2916

お土産を買って、帰りの新幹線までの時間をみたら、残り40分。

ためらう同僚たちをひっぱって、駅前の「ぴょんぴょん舎」へ冷麺を食べにいく。

 盛岡にいったら「盛岡冷麺」たべなくっちゃあ。ぴょんぴょん舎は地元のひともおすすめする冷麺の美味しい焼肉やさんです~

 次に行ったときは、3大麺のもうひとつ、「碗ごそば」かな。

 途中、以前から行きたかった盛岡の中国茶のお店2軒によったこともあり、充実の盛岡の旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月曜日)

クリスマスマグ

 スタバで買った、クリスマスバージョンのカップ。

 今年は取っ手が凝っています。

Dscn2891

東方美人を三煎分淹れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »