« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年9月21日 (木曜日)

のだめカンタービレ

写真

面白い。

漫画だと侮ることなかれ。

読んでるうちに、クラシック好きじゃないあなたでも、CD屋に走りたくなる、そんな作品です。

 別にクラシックが好きじゃない人でも楽しめます。

 クラシックが好きな人、実際にクラシック音楽に携わっている人は もっともっと 楽しめます。

 月9でやるみたいだけど、音楽の部分、大切にして欲しい。

 その辺、省かれたら タダの際物になっちゃうから~

 ホント、見るのが怖いです。月9も アニメも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桂花烏龍茶

Dscn2209

 立川中華街に行ってきました。 

 中華のランチをいただいたあとに、「悟空」でお茶とお菓子のセットをいただき、一緒に行った、自分の子供と同じ年の部下と「桂花烏龍茶」を頼みました。

 今回は、彼女が10月から異動になる新しいお店と新住居の下見に付き添っての上京。

 彼女の新居の近くには金木犀が咲いており、かおりが立ち込めていました。そのかおりに、彼女は何度も立ち止まって感激していました。

 帰りに寄ったこの店で「金木犀」の文字に反応してのオーダーです。

 初めての一人暮らし、新しい職場、未知なる人間関係、そして責任あるポジション。不安いっぱいの彼女を 金木犀の香りがやさしく励ましてくれていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

温泉饅頭

Dscn2201

 会社の懇親会で鳴子温泉にいってきました。

 部屋に用意していた温泉饅頭おいしかったです。

 でも、店へのおみやげには、完全予算オーバーだったので、そちらには

『鳴子いいじゃん、温泉いいじゃん』

という名前のクッキーにしました・・・・・

 最近は 質よりも個数と 本当にそこに行ってきたという証明ネーミングのお菓子をえらんじゃうんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重陽の節句前夜祭

Dscn2197

Dscn2200

 重陽の節句の前の日に開いたお茶会です。

 菊花茶とクコの実を入れたガラスの急須に、煎茶を注いだものとプーアル茶を注いだものを淹れてお出ししました。

 話題の中心は、中医学の「陰陽」のこと。私と男性のお客様は「陽」でしたが、女性の方に「陰」が多かったのはびっくり。

 来月は 十五夜にちなんで「お団子茶会」を予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

摩利支

 Dscn2193

Dscn2194

 前から飲んでみたかった、日本茶の「摩利支」をサンプルでいただきました。

 焼き芋のような香りと甘みとうまみのある味わいが印象的です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

清水茶寮さんの9月のお茶会

 Dscn2156_1

 今月の頭に 清水茶寮さんのお茶会にいってまいりました。

 とても癒されるお茶会です。

  毎月、色々なテーマでしてらっしゃるとのことでした。

     http://verduredrop.web.fc2.com/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧前田公爵邸~洋館

Dscn2165

Dscn2170

Dscn2172

Dscn2173

 目黒にある旧前田公爵邸です。

 静かな時間が流れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dscn2153

 七色数えられました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金曜日)

ゆれる

ゆれる

 観にいきたかったのにいけなかった。

 この映画は彼氏と見に行ってはいけない映画なんだそうだ。

 それほどに、オダギリジョーがたまんないらしい。

 仙台では、本日で上映が終了してしまった。

 DVDになるまでまてません~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火曜日)

マイアミ・バイス

 マイアミ・バイス

 テレビシリーズの「マイアミ・バイス」は見ていました。

 それまでの、刑事物と違って ファッション性を重視して、当時のヒット曲をふんだんに取り入れたミュージックビデオ風な画像もとりいれた演出は、ストーリーもけしてハッピーエンドに終わらないエピソードもあったりリアリティあふれるもので 当時では、かなり斬新なものだったと思います。

 当時の香りそのままに映画化したこと作品は、その元のTVシリーズのイメージをそこなうことなく再現しているといて、ソニーもリコも、そのイメージを損ねることなく それ以上に魅力的だったとは思うのです。

 しかし、今回のこの映画、今ひとつ評判が悪ようで・・・・

 細かいことをいえば、カメラワークの横揺れが気になるとか。

 個人的には、タイトルクレジットがなかったこと。当時のヤン=ハマーのオープニングテーマが使われていないことがかなり不満。コン=リーは私も好きな女優さんだけど、なぜ アンゴラ生まれのキューバ育ちの中国人のヒロインが必要なのかよくわからん。

細かいことは 色々あると思うけど 今回の映画に対する辛口の評価の低さの最大の原因は 当時では斬新だったものが そうじゃなくなっているということなんじゃないかな。

 元のテレビシリーズの限界が そのままこの映画の欠点になっているのが、ちょっと淋しい・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木曜日)

秋到来

Kc270010

 髪を切ったあと、歩いて職場に帰る道路わきの田んぼの稲穂がたれはじめていた。

 久々の恵みの雨。あたりに立ち込める草の香り。

 店に帰ると、従業員から

「お客様への発送添えてに出す一筆箋。金魚柄はもう使えないので別なものはありませんか。」

との声がけ。

 用意してありますよ~。

 もみじの絵柄のもの、十五夜のもの、兎柄など、取り混ぜて買って準備していた。

 他にも可愛い模様のが何冊かあったけど、秋柄は桜のものを同じくらい使用期間が短いので、とりあえず5冊で抑えてある。

 そう、冬が順番待ちで そこまできてるってこと・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »