« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月13日 (火曜日)

6月12日PM11:00の渋谷の風景

 6月12日午後11時。
 渋谷の駅前は、警察官であふれていました。試合結果如何によっては、人が流れてくるだろうという予想の元、広場に暴動化したサポーターを警戒待機していました。

 テレビ局のカメラが数台。試合中だから真のサポーターは ココにいるわけないじゃん~!
とおもいきや、パソコン片手に試合を覗き込んでいる若者グループが居て、それを取材しているテレビ局~がいました。

「宮本~ガンバレ~」なんていちゃってる。ハーフタイム中だろうが~

ということで、それを激写しちゃいました!!

 1時間後の渋谷駅前はどうなっていたかって??
 いつもと同じ~
 かわりなし・・・・ 

 おまわりさん達は手持ちぶたさで 立っていましたよ。

     ハア ~

Kc270017

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水曜日)

@nifty:NEWS@nifty:マイケル乱入でSMAP仰天「そっくりさん!?」(夕刊フジ)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:マイケル乱入でSMAP仰天「そっくりさん!?」(夕刊フジ).

 スマスマみました。
 なんか、 ただ、SMAPと握手するだけの、会話もろくに成り立たない状態を垂れ流しのように放映するのは、むなしくて 悲しくなりました。マイケルも落ちぶれたなあ~ という感じで薄ら寒くなりました。
 マイケルのスリラーで大感激した記憶があるから、余計悲しい。
 踊れない、唄わないマイケルは、東京タワーのロウ人形となんらかわりがないとおもうし、そんな彼に見たくないとおもうんだけど、SMAPはちがうんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土曜日)

ブス恋

 最近、茶丸は 稲垣吾郎主演ドラマ「ブスの瞳に恋してる」にはまっている若い従業員たちに、原作本を無理やり貸して嫌がられている。
 鈴木おさむ氏と大島美幸夫婦の放送作家と女芸人の赤裸々の夫婦生活が書いてある原作は、単純にブスでも素敵な結婚ができるんだあ、なんていう甘々のドラマのイメージとは、かなりちがう。
 おかげで、昨日も「食欲がなくなった~」と叩きつけられるように返却された。
 とはいえ、読み出すととまらなくなることは、全員みとめている。

 先日、新しくOpenしたショッピングモールにいってみたところ、新しい本屋さんもはいっていた。話題の新刊コーナーには、なんと「ブスの瞳に恋しているⅡ」が並んでいた。
 扉の表紙は紫式部に扮した大島美幸。前回のマリーアントワネットの大島美幸ほどのインパクトはないが、やっぱり凄い・・・。
 買おうか買わないか迷うこと1分。結局、買わずに終る。ゲテモノ料理は、たとえ美味しいとわかっていても食べるのは勇気がいるのよ~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »