« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木曜日)

藁対策 その3

 藁男に回してもらった仕事の成果が、結局別部門に持っていかれた。
 間違っていないさ。確かにね。本来あるべきところにいったんだから。それを当てにした私が馬鹿でした。
 でも、その仕事のためにプライベートの休みを削ったんだよ私は。大きすぎんだよ。そのマイナス。藁男にちからがはなかったから、最終的にこういう結果になっただけ。
 腹が立つ。計算付くで無理して付き合った自分の甘さに腹が立つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水曜日)

みんな元気

 最近、私も含めて まわりの人たちに元気がない。
 
 これじゃあだめだって、以前受けていた講座を再受講した。
 この講座の講師の先生がとても元気で明るい。元気をもらおうと一度受けた講座をまたうけてみた。
 
 講座がはじまって 先生の挨拶のなかで、先生が17年間 本業としていたお店をこの間閉めた報告があった。それを聞いて、ちょっと落ちこむ。
 まあ、その本業がきっかけでこの資格をとり、こうして教壇に立っている彼女。人生、つながっているんだよね。

 元気は自分でつくりださなきゃだめってことなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テーブルセッティングコンテスト

 締め切りギリギリに提出、というのがいつもの私だったけど、今回は 余裕を持って提出した。1次は写真というんだけど、これが結構難しかった。
 デジカメも新規購入。いざ写してみるとバッグの処理がかなり問題になる。それ以上に、肉眼ではきにならなかった細かい部分の雑さがはっきりしてしまう。3次元のものを2次元に落としこむということはこのようなことなんだと、この年になって新たな衝撃。
 プリンターから打ち出された画像に、少し合った自信が粉砕・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藁対策 その2

 藁男君とお茶をする。
 仕事の話をしてたのに、いつのまにか 離婚寸前の奥さんの愚痴を聞く羽目になった。奥さんの妹から「天罰くらえ!」と書かれたメールをもらったとめげている。
 自分は幸せだなあ、と思う。藁男の話をした翌日、旦那から携帯に電話がはいる。
「大雨ふっているけど、まだ仕事だから迎えにいけないから~」
うんうん、少しはきをつかっているのかい?? そのうち飲もうよ。いい店見つけたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火曜日)

藁対策

 旦那と自分の時間のすれ違いがあまりにも大きすぎて、同じ屋根の下に住んでいながら 顔すらも合わせていなかった。お互い仕事が一番ていう状態だから、今まで そのことはあまり気にならなかったんだけど、最近、上司の「藁扱い」に 旦那に誤解されたくないなと 早起きして 一応報告。
 旦那は一言
「まあ、信じてくれってことだろ。」
とかるくいわれてしまった。信じてくれたのかな、と思ったら 「遊びすぎだ」とボソッといわれてしまう。
 今まで 趣味やスキルアップのために費やした時間ことまで、藁男と一緒だったと思われたのかな、と不安になる。誰かと一緒に行動するより、一人で気ままに過ごしたほうが好きだっていう私のこと、旦那はどこまで理解していてくれているのかな。

 携帯に藁男から、何がない時候の挨拶のメールがはいっている。「うざい」なあ。
 無人島に流れ着いて、救助のめどが立たない状態で好きでもない男と二人きりになったら あなたは どうする??
 今まで 私は、島の真中に落とし穴を掘ってその男を始末してから 一人でがんばって暮らすつもりだったけど、生きていく為には それなりのリスクは負わなきゃいけないときもあるのだから、我慢も必要なのかなと考えるようになっている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月曜日)

茶丸の健康オタク~ BODY

 東京にいってきました。
 いつものパターンで 中国茶の勉強会に出席のためです。日中の勉強会のほかに、夜に中国茶の店で特別講習会があるのでそっちにも出ようとしっかり渋谷に宿をとったのに、その講習会が中止になったので手持ちぶたさになってBOOKファーストで何か面白い本がないかと物色。
 そこで「BODY」という「26才からの体作り」「引力に負けない体作り」をうたい文句にした雑誌をみつけた特集は「ピラテス」。26歳ならぬ46歳からの体作りのために最近わたしが夢中になっている「ピラテス」である。
 500円だったが奮発して購入。図解で基本についてかいてある。
 ピラテスをはじめて三回。できなかった腹筋が1かいだけどできた。できた。引力に逆らえる体になる可能性がでてきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火曜日)

ミリオンダラーベビー

 昨年度のアカデミー賞作品。
 エンドロールが終るまで誰もたたなかった。場内には涙はなかった。明かりがついたときの場内で、深いためいき。
 感動的という表現は当てはまらない。

 「重い」

 感想は一言 これしかないと思う。どのくらい重いかってきかれたら、人生と同じくらいだよって、答えるしかない。
 ジョン=ハワードの奇異であるがゴージャスな人生よりも、30過ぎの女性ボクサーの人生に共感したからなのかな。アカデミー作品賞の結果は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月曜日)

ピートロ

 近所の焼肉やの半額券をもらったと若い社員にさそわれた。もちろん、スポンサーになってくれということなのだが、まあいいかあといってみる。
 遅番だった8人が参加。生ビールと焼肉。話題は新入社員の男性の酒飲めない話。体質的に飲めないというより、学生時代の大失敗がトラウマになっているみたい。一口飲んだカクテルでハイになっている。男性社員が中心の職場だったら、徹底的に鍛えられるんだろうけど、ここではそれも無いから残念というか、救われたかな。
 焼肉の中で美味しかったのは 「ピートロ」。どの部分か、教えてくれなくても良いです。大体想像はつく。
 かえり、お店のロゴ入りのビールジョッキを一人3個ももらう。
 酔っ払って片手でジョッキ3個をわしづかみしながら、あるいている私たちをみて、擦れ違った人たちが振り向いていた。かなり怪しい集団に見えたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日曜日)

テーブルセッティング

 中国茶テーブルセッティングコンテストに応募しようと思う。
 思ったのは良いんだけど、当初の構想のとおり茶器をそろえてみたものの、イメージ通りにならなかったため、根本テーマを変更。また、違う茶器をさがしている状態。
 1次くらいは通過したいんだけど、これじゃ無理かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水曜日)

若貴騒動 ~ その2

 別に若貴のファンじゃないけど、彼らが自分の息子たちにだぶって、彼らの醜態はかなり憂鬱である。貴が何かものを言えば言うほど、情けなく見えてしまうのは私だけだろうか。

 うちの場合、お勉強はできるけど人間関係の幅は狭い長男が貴で、勉強は嫌いだけど友達が多くて しっかり彼女もいる弟が若かな。長男は進学した土地にすんで地元にもどってくることはないだろうけど、次男は地元ので就職を決めた。
 どちらとも同居するつもりはないし、残す財産は親から継いだ家しかない。こんなものでも、将来争いのタネになるのかな。

 もう、何も言うな。他人にその姿を見せても何の特にもならないよ。貴・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月13日 (月曜日)

「最後の恋のはじめ方」

 inx_site-p3-on
ウィル=スミスは、ホント、かっこいい黒人俳優サンです。
 「MIB」や「アイロボット」みたいなSFが似合う俳優サンだと思いきや、コメディーもかなりいけます。思わず声を出して笑ってしまうことが数回。ほんと、面白い。
 あと、全編にながれる「ラブマシーン」をはじめとするダンスミュージックが映画を盛り上げています。
 楽しめて、現在フリーなひとたちには為になる(?)映画です。

 実は、同日に邦画の「4日間の奇跡」もみました。こちらの方は、ピアノのクラシックの曲が随所で聞けるんだけど、今一つ生かしきれてないのよね。主演の二人も平凡な人物を演じようとするあまり、映画全体が平凡になったッて感じです。。実際に主演の二人が生演奏を聞かせてくれているんだけど、吹き替えでいいから 一流ピアニストの音で、聴かせるべきなんじゃないかな。1年くらいの訓練で人の心をつかむような演奏は無理だと思うのです。
 この「音楽」というものを軽視した監督の姿勢が、ベストセラーの原作を越えなかった原因だとおもうのです。映画は画像だけではない。聴覚にうったえることもできることもあるのです。、ピアノ曲をもっとうまく使ってほしかったな。

 内容は「4日間の奇跡」のほうが感動しなければならないものだったけど、心動かされて 思わずホロッとなったのは、ラブコメの「最後の恋のはじめ方」だったのは、その辺が原因なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

蓮と睡蓮

 蓮と睡蓮は違うことを、この年で知った。
 蓮は水の上から突き出して伸びて、初夏の早朝しか咲かないのにたいし、睡蓮は花も葉っぱも水にういていて、年中咲いているという。
 蓮の花が咲くときにポンと音がすることはないというが、なる瞬間を聞き落としただけかもしれない。その話を嘘だというのはあまりにも恐れ多いところがある。蓮はそんな花である。oogaha1oogahasuiren2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火曜日)

日本茶インストラクター2次試験をふりかえって

『夏も近づく八十八夜

 この有名な手遊び歌にも唄われております「八十八夜」の頃に摘まれた「一番茶」でつくられましたのが上級煎茶でございます。
 本日は、上級煎茶を3人分おいれいたします。
 上級煎茶は、爽やかな香り、甘味、旨み、渋みのバランスが良いおちゃですので、その持ち味をいかすために、注意しなければならないポイントは4つ。茶葉の量、お湯の量、御湯の温度、そして浸出時間でございます。
 それでは、早速 これらのポイントを確認しながら実際にお茶をいれてみましょう。
 本日使用しますこちらの湯のみ3個に、ポットからお湯を8分目いれてまいります。こちらかく60cc検討のお湯を用意できました。
 こうして御湯の適量をはかったのですが、こうして湯のみ茶碗に直接お湯を注ぐことで、お湯の温度の調整もできているんです。お湯は、新しい器に移すたびに5~10度さがってまいります。沸騰したお湯をポットに空けていただいた時点で90度、こうして湯のみ茶碗に移した時点で80度ななっております。上級煎茶が美味しく入る温度は70度といわれておりますので、もうしばらくさましておきましょう。
 その間に、こちらの急須に茶葉を入れてまいります。茶葉の適量は、1人分20グラムですので3人分をこのカレースプーンではかります、大さじ1杯で30グラムですので2杯いれます。冷ましていたお湯を湯のみ茶碗から直接いれます。蓋をします。2分半おきましょう。時計、キッチンタイマー、砂時計を使いまして正確に測ってくださいね。
はい2分半たちました。
 温め手置いた湯のみ茶碗に少しづつ注いでいきます。1、2、3戻ります。3、2、1、はいまた戻ります。このような注ぎ方を「まわし注ぎ」ともうします。
 最後の1滴までしっかりだしてくださいね。この最後の1滴が一番おいしいんです。
 そして 急須のお尻をポンとたたいて茶葉をよせて置き事をお忘れなく。
 はい、美味しいお茶がはいりました。どうぞお召し上がりください。』

 これは日本茶のインストラクター認定試験の2次試験で、インストラクションの実地があるんですが、その原稿です。自分で考えておかなきゃならないんですよ。
 4種のお茶のうち1種の淹れ方を4分間で実演をまじえてするんですが、どのお茶の淹れ方になるかは、その場にならないとわからないので、全部用意しておかなきゃだめなんだよね~。しかもオリジナル性がとわれるんで、私は、冒頭歌って 踊りました、はい (ーー*ゞ これホント。他の人も このときばかりは大きな声でインストラションしたんで、私も負けずにでかい声でやりました。(同じ部屋の中、5つについたてで仕切られているブースの中で、同時に試験なんで 他の人の声が聞こえるんです。)これが どれだけの点数かわからないけど、他の玉露、番茶(ほうじ茶)、中級煎茶はほとんど練習してなかったから、一番練習していた「上級煎茶」になってラッキーでした。
 インストラクションのあとに、試験官の方からフリー質問があるんですが、私の場合は「日本茶とのかかわり」「お店では呈茶そしているか」「毎日か」「どうしてお茶は温めのお湯でいれたほうがよいか。」でした。
 他の人は、「深蒸茶と普通蒸のちがい」とか「保存のし方」とか「茶殻の利用方法」とか、いろいろあるみたい。
 試験官とのアイコンタクト、ボディランゲージを忘れないことが大切。

 2次試験はこの実技試験の前に、茶葉の鑑定試験があります。これらの総合で2次試験の結果がでるんです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月曜日)

茶丸の健康オタク~ ピラティス

 ホントはエアロビスクみたいな 動きの速いものをやりたかったんだけど、ここまで余分なお肉がついちゃうと、激しい動きに「足」がたえられないだろうなあ、と考えていたときに、たまたま入ってきたカルチャーセンターの講座に「ピラティス」を発見。
 セレブのヨガというフレーズに早速もうしこんだ。
 50分のレッスン。内容はかなり単純。それでも 余分なお肉が動きを阻害。肉は肉でも筋肉じゃないから
「は~い、ロールアップ~ 手をつかないで腹筋をつかっておきてくださ~い」
とインストラクターにいわれても 体は床にくっついたまま。
 おわってみると、体が違う。ゆがんでいた体が矯正されたって感じでかなりいい感じになっている。これは、はまりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日曜日)

若貴騒動

 貴乃花の葬儀で 再び浮上した若貴騒動。
 どこの兄弟もあんなもんだと思う。
 うちの息子たちも、違う高校に進学した時点で、言葉を交わすことがほとんどなくなっている。
 お互いを評するときは かならず「あいつ」呼ばわりで否定形の嵐。
 他人からは、性格素行とも悪く言われたことはないのにもかかわらず、兄弟同志では罵倒の嵐。原因は ちいさいことの積み重ねだから 特定はできないなあ。
 どこでもある兄弟の価値観の違いからくる不仲。そう思うんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土曜日)

@nifty:NEWS@nifty:日本、W杯出場へ前進…バーレーンを下す(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:日本、W杯出場へ前進…バーレーンを下す(読売新聞).

 昨日は 11時にねて 試合開始の1時半におきたんだけど、結局前半はねちゃって、後半だけ見ました。
 俊介の2枚目のイエローは納得いきません (ーー#
 まあ、勝ったから良いけれど・・・
 それにしても 後試合は北朝鮮戦残すのみ~!と思っていたけれど、イラン戦もあったのよね・・・ そこで勝ってもいけるんだよね、と言ったら、イラン戦は大変だから 北朝鮮できめなきゃだめなの、とサッカー通にいわれました。でも、ワールドカップで勝ち進む為には、イランにも楽勝で勝たなきゃだめなんじゃないかな、と反論したら、それ以前に出れるかでれないかが問題なんだよ!!、と怒られました (p_q*)シクシク
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金曜日)

男泣き

 離婚発覚直後の森進一が 新曲を歌いながら泣いていた。

 身近にも 離婚秒読み状態の50代男性がいる。
 今まで、一緒に飲んだり遊びにも行っていた。お互い所帯持ちだったから、あくまでも友達だったし、男と女にはならない仲だったから、一緒にいれた。
 落ちこんでいる彼を言葉で慰めることはできても、そこまでなんだよね。
 既婚者としてのけじめというより、友達だったら仲良くできるけど、それ以上だったら許せないことが彼には多すぎる。
 友達以上の近い関係になっても 許しあえる人がいて、その人と結婚できている以上、私はその幸せを守りたいから。ごめん。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »