« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月29日 (金曜日)

誤算

 世の中上手くいかない物だと思う。
 成果が全くでていない。
 まいった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木曜日)

 
050508_0825001
気が付けば 桜が散っている。
 70を過ぎた実家の親たちや 80になった同居は姑は 後何回桜をみることができるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新茶

 「今年の静岡は まだ寒いよ。」
 静岡に新茶の買い付けに行った社長に別件で電話したところ、
そんな言葉が返ってきた。
 例年よりも茶摘みが1週間おくれているらしい。いつもだったら す
でに静岡茶のはしりが入荷していなければならないのに、いまだ
新茶は鹿児島のみになっている。
 どうやらGWは 売れ筋の静岡産の100g1,050円ラインが新茶では
ないままになりそうだ。鹿児島産のはしりも 結構おいしいんだけど
なじみがすくないかも~ 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月27日 (水曜日)

茶丸美容院にいく

 美容院にいってきました。
 いつもは 朝一番に入るのに 今日は用事があったので、午後に仕事を抜け出して「IN!!」。
 はいってびっくり。いつもいくときゃ女性ばかりのスタッフが この時間には ほとんど20代のイケメン男性スタッフだったんです。「ほ~」っと思わず、感心しちゃって喜んだんだけど ふと、このままの面子で、20年たった店はどうなってるのかな、と想像したら、オヤジさんになった男性スタッフがいっぱいあふれている光景をおもいうかべてしまって、勝手に具合悪くなってました。

 男性にはオバサンがいっぱいの風景はゲンナリかもしれないけど、女性には、オジサンがいっぱいの風景はうざいなんだよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日曜日)

スィーツな緑茶

050422_1304001
 コンビニでみつけたスィーチャー~はちみつ入り緑茶(コカコーラ)にはまっている。
 以前「お茶の美味しい入れ方教室をしたときに、お客さまに「お煎茶」にはお砂糖を入れると美味しいといわれた事がある。試したことは無かったけど、今回のペットボトルを飲んでなるほどと納得する。
 紅茶のものより癖が無くて飲みやすいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月21日 (木曜日)

台湾の思い出

taiwan0004

 去年の台湾旅行の写真をもらっていたDVDを マイフォトにおとす。
頂きものだから 公開できないのは残念。
 さわりだけ アップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月19日 (火曜日)

自由が丘にいってきました

 自由が丘の話題のケーキやサンに行ってきました。
 今度、仕事で洋菓子も手がけるので、今一番話題性の高いケーキ屋さんを 見て研究しなくちゃあと、はるばる新幹線と山手線と東横線を乗り継いでいってきました。

 自由が丘といえばここ、辻口パティシエのお店で有名な「モンサンクレール」。 日曜日ということで ごった返しており、7席しかないカフェは1時間の順番まちでした。何日か前に テレビで取り上げられたから そのせいもあるかなあ。

 ケースに並んだケーキは ひとつひとつ手が込んでいて、とても可愛い。味はもちろん最高~。根性で待ってて良かったです。

 調子にのって 同じ辻口シェフの「自由が丘ロール店」にいってみました。
 自由が丘の住宅街をとおりぬけついてみると、こちらは間口1つの小さなお店。看板は「渦まき」。すでに お客サンが店の前にならんでいて 警備員のおにいさんが整理していました。
 こちらはお買い物コーナーしかないので すぐに順番がまわってきて お店に入れました。私たちのあとにも長蛇の列。 
 そんななか、年輩の女性が 列を無視してお店の中にはいってきました。警備員のお兄さんの静止に
「いいの、いいの、私はいいの。」
と手を振りながら 入ってきたのです。この人関係者??とおもってみていたら、店員サンとの会話
「止められたけど、入ってきちゃった」
「うん、おばあちゃんは それいいんです。」
ときっぱりと店員サンがいいきっちゃタンですよ。
 そう、そのおばあちゃんは常連サンだったみたい。
 一緒にいった社員は それをみて
「皆並んでいたのに~」
と怒ったけど、私はその店員さんの言葉のうしろに
「おばあちゃんは それでいいのよ~、地元のひとだもん。この人たちは 田舎からきた観光客たちだから どうでもいいのよ。」
というフレーズが隠されていたことにきがついて、なんか 惨めな気分になっちゃいました。確かに 日曜日の自由が丘は あきらかにわれらと同類、おのぼりさんだらけ。本当の地元の人はいないなあ。
 自由が丘に馬鹿にされたよう気分になって ちょっとブルーになっっちゃいました。

 もう 休日の自由が丘には行きません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

明前白茶龍井茶

 白茶ではなく緑茶。
 茶葉が扁平型で きれいな緑。
 テアニンいっぱいの味。
 茶殻をたべたら 豆の味がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月18日 (月曜日)

中国茶

 連日のように報道される 中国の反日運動。
 中国のイメージが悪くなると 中国茶のようなデリケートな飲み物は、新しいファンを捕まえるのは難しくなってくる。
 久しぶりに 中国茶のインストの集まりにいったら 5月の高級茶芸師取得ツアーに参加するという人がいた。抗州市でも大規模なデモがあったけど、大丈夫なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日曜日)

マッサージ

 「てもみん」にいってマッサージをしてもらった。
 首と肩がガチガチになっているという。原因は眼精疲労から
来るところが大きいということで、首肩ではなく 後頭部をもま
れた。そして一言

 「コンな硬い頭はひさしぶりです」
 
 「・・・・・・・・・・」

 家に帰って お風呂にはいってきがついた。シャンプーのとき
力をいれて 後頭部を丁寧に洗うと 今日のマッサージと同じ感じ
だということに!!
 しっかりシャンプーして 硬くなった頭をもみほぐしますかあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒロシです。

 「ヒロシです」
 あの ピン芸人のヒロシのネタを集めた本を 汽車のなかで
時間つぶしに読むために買った。
 まあ、読み終わったら 離れて暮らしている21歳の長男に
でも送ってやろうとおもっていたが、「ネタ」がいくつか 長男に
も該当していたので やめた・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月16日 (土曜日)

新茶

  本社に電話したら 上司が新茶の買い付けに行って留守だった。
  今年は 1週間くらい入荷がずれるということだったけど、どうなるん
だろう。

  日本茶の新茶よりも先に 中国茶の新茶 明前西湖龍井茶をネット
で購入。飲んでみた。
 封をあけると 青々しい香りが立ってきた。
 気持ちを昂揚させるという緑茶。そのなかでも新茶は 若若しいパワー
を与えてくれるという。
 今の私に一番ふさわしいというか、必要なお茶だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月15日 (金曜日)

その辺の事情

 中国のサイトに 中国政府が規制をかけるという。
日本批判で デモの集会を呼びかける記載がでたら 即けすんだって。
 でも、消されるのは日本批判の記載だけ??
 大切な真実も ドサクサにまぎれて消されていくんじゃないの??
 おおぴらに言論統制はされなくても さりげなく闇に葬られていくこと
もあるということを サイトをみてデモに参加している彼らはきがついて
いないんだろうな。まあ、これって 日本も含めて 何処の国でもおこり
えることなんだよね。というか、すでにおこなわれていて こちらが気が
ついていないだけのことかもしれない。
 五感に感じるものだけが 真実じゃないってこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の顔

 朝 テレビをつけたら みのもんたがでていた。
 この春から モーニング番組の司会になったらしい。
 ですぎ~ というか 朝から彼の顔は見たくない。
他の彼の番組は 結構見てたけど、朝にこの顔は
つらい。彼の顔にきざまれた しわの深さは 朝には
似合わないと思うのは、私だけなのかな・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月14日 (木曜日)

ディカプリオがなぜアカデミー賞をとれなかったか

 実在の人物たちを描いた「アビエーター」のなかで、本人の魅力を充分再現できていたのは、アカデミー賞をも受賞したキャサリ-ン=ヘップバーン役だけかな。ジーン=ハロウ役は魅力がなかったし、エバ=ガードナー役は パン不レットを読むまで、誰のことかわからなかった。そして、ハワードをエバが励ますシーンは、エバ本人が演ずればこのさりげないシーンがどんなに感動的なものになるかが想像できるほど、エバ=ガードナーの崇高な存在感を思い知らされる。
 ハワード=ヒューズを演じたディカプリオは 熱演だったけど、彼じゃなければ演じられないと思わせるものがなかったなあ。その辺がジェレミーとの差なのかも。

 私的には、主演男優賞はジョニー=ディップにとってほしかったあ (*^-^*)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

アビエーター

 ここのところ 新しい仕事がはいり 責任とプレッシャーで煮詰まっていたので、気分転換に前からみたかった ディカプリオの「アビエーター」を観た。
 気分が昂揚すると思いきや、主人公が 成功ともに精神的に破綻していく姿に 我が身をかさねてしまって 落ちこんでしまう。
 まいった・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月11日 (月曜日)

中国茶芸師

 5月にある高級茶芸師取得ツアーは 仕事の関係で断念。
 
 テレビをみていたら 抗州でも反日集会で暴動化している。
行かなくて正解だなと思う一方で 大好きな中国茶の郷の
人たちが声高に日本批判をしているのをみてると 悲しくな
る。
 まあ、竹島や劣閣諸島が日本の領土って教科書に記載す
ることは良いと思うんだけど、その前に なぜ 日本人が中国
や韓国で非難されるのかをキチンと歴史的事実として 子供
たちに教えておくことは必要だと思う。
 そうじゃないと、中国に ただ殴られにいくようなもんだよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不知春

  以前ネットで購入した中国茶のお店から 届いたサンプル。
 岩茶とおもいきや 産地は台湾鹿谷・・・・ということは 凍頂烏龍茶
っていうことかな??
 とても良い香り。面倒だったから 急須じゃなくて蓋碗つかっていれちゃっ
たけれど、きちんと工夫でいれればよかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日曜日)

学歴

 出身校を基準に人を判断してはいけません。
 同じ学校をでていても、本当はもっと高いランクの大学にはいれるのに 試験当日実力をはっきできないまま、そこに入ってしまった人。本当は その大学に正規の試験でははいれなかったんだけど、スポーツや何か別の一芸にひいでているから、もしくは 皆授業に真面目に出ない環境の中 まじめに高校に通っていたからと推薦ではいった人が 同じ大学にはいっているのです。
 それでも 大学に入ってから真面目に勉強をして 卒業するころには 能力的には変わらない状態になるとおもいきや、3流私立の場合は 本人がかなりがんばろうとおもわないかぎり 入ってきたときよりも落ちちゃうのがほとんどだから 事態は悪化しているのがほとんどのパターン。

 今年大学をでて うちの店に配属になった大卒社員をみるたびに 実感するんだよね~
 人をみるめないなあ、うちの会社の人事担当者。まあ、新入社員と同じ私立大出だから、しかたがないかあ。ほんとあの大学の卒業生のあたりはずれは大きいよ。

 あの大学が自分の母校であるって 口にしたくなくなる今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 9日 (土曜日)

恋人たち

 鬱病で去年会社をやめた元同僚が 在職中に社内恋愛で交際していた
彼女と手をつないで 歩いているのを見かけた。
 彼の鬱病の原因は 会社の体制があわなかったこと。会社のこと 散々
悪く言っていたみたいだったけど、彼女と会えたのは、うちの会社に勤め
たおかげ。いいこともあったじゃないか~。そこは ちゃんと認めろ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝れない奴

 バイクではしっていたら いきなり車が右から回りこんで左折してきた。
ウィンカーも上げてなかった。
 急ブレーキで横転しそうになる。車はそのままコンビニの駐車場へ。
 
 追いかけていって、運転手に抗議。運転手は窓を少しあけて顔をそむけ
たまま。降りて謝る様に抗議。本人はおりてきたもののなおざりの陳謝。
その態度に頭にきたので
「ちゃんと謝りなさい」
といったら
「あやまってるじゃないですか。」
といわれる。彼の謝り方を再現してあげた。首を横に傾けるだけ。それであやまってるという彼。

 これ以上いってもしかたがないとおもって それですませたけど、思えば警察を呼べば良かった。そのほうが彼重大性を理解できただろうに。
 バイクに接触されたことがない人はたいしたことがないと思うかもしれないけど、ホント バイクの方は命にかかわるんだよね~。命かかってるんだから 人殺したくなかったら ちゃんと運転しろ~

 それにしても 運転手は公務員っぽかった。学校の先生にいるタイプ。
 偏見~ ッていわれるかもしれないけど、それなら きちんと謝れないのもしかたがないなって納得する。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バームクーヘン その2

  最近話題のバームクーヘンと言えば あの「東京バナナかな」で
羽田空港限定でだしている「しっとりクーへン」
 せっかくの上京だからと 行ってきました~ (o^-^o)
 羽田空港に最後にいったのは 20年前。そのイメージでいったら
ナンノナンノ、成田空港真っ青の迫力。もっともっと買い物したかった
けど、時間がなかったのでバームクーヘン売り場に直行。1個1050円
と3150円ものだけかって帰ってきました。050409_0835002
 3層に分かれていて プレーンの部分に米粉が使われてるんですって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バームクーヘン

 最近仕事の関係でバームクーヘンを食べる機会が多くなった。

 あちらこちらから取り寄せしてたべてみた結果、茶丸的NO1は
クラブハリエのバームクーヘンです。
 とくに、クラブハリエB-STUDIOの店頭で販売されている
焼きたてバークーヘンがおいしい~
 本日は どうしてもそれを皆にしらしめなければいけない!!と
東京まで日帰りでいってまいりました 
 以下 戦利品
050409_0044001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 8日 (金曜日)

新茶

 ゴールデンウィークに「新茶」を大々的に売るんだけど
今年は、1週間くらいおくれているらしい。
 売れ筋の100グラム1050円売りのものが、危ない。
 こまったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 6日 (水曜日)

右翼

 右翼団体を名乗る人から 本社に 「本ををかえ~買わないと街宣車で 店批判をするぞ」
という電話がきたという。どうも どこかの店でもてあまし本社にまわしたらしい。
「そちらの店でこころあたりはないか??」
と 電話応対した部長から怒りの電話。皆に確認したところ うちの店ではないようなので一安心。
「問題よね~」
と20歳になったばかりの社員に言った所
「右翼ってなんですか??」
と聞きなおされた・・・・
「右翼って、右翼左翼の右翼よ!! 聞いたことない??」
「ありませんね~。」
ゆとりの総合教育世代の彼女。その世代のレベルが低いと聞いていたが、そこまで知識が欠落していたとは・・・ 今の日本には、このことのほうが問題だ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日曜日)

日本茶

 日本茶インストラクターの認定式がありました。
 
 認定式にきた協会の方のお話が お茶屋としてとても有意義でした。

 1つは、ペットボトルのこと。
ペットボトルに消費者がもとめているものは、簡易性。そして飲んだときに感じる香り。
 リーフタイプ派、急須使用派は 選択の基準は「味」。
 なによりも、成分的にはリーフを急須で淹れるのが一番成分的にもすぐれているということ。急須で飲むということは日本文化をのむこと、という言葉が印象的でした。

 もう1点は 表示のこと。
 いま、日本茶の「静岡茶」「鹿児島茶」という産地表示なんだけど、ハッキリした規定がなかったんだけど、これからは適採した茶園のある県を基準にしようと協会ではしているらしいんです。ところが 「宇治茶」の規定で、京都周辺3県がもうはんたいしてるらしいとのこと。
 「宇治」という名称が800年以上の歴史があるのに対し、150年前に引かれた県境できせいされるのは納得できないということらしい。それも確かに一利あるね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土曜日)

金一封

 人事課長に 日本茶インストラクター合格にたいする奨励金がほしいとごねてたら、もらえた。
 それで、お昼をみんなにご馳走したらなくなった。
 夕方、人事課長から、社内報にコメントをのせたいから、何か一言書いてクレと電話が入る。
「よかったですね。もうらえて。」
と、皮肉めいた一言。まあ、もう あとかたもなくなってるんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »