« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月28日 (月曜日)

ウェーブ

 中国茶インストラクター試験はさんたんたる物だったが中国茶この講習会に通ったおかげで、日本茶インストラクタ-試験に合格できた。
 日本茶インストラクタ-試験に合格したことで、本社の評価があがり、新しい仕事も任せてもらえそうになった。
 ところが、中国茶の長期の講習会に参加するために親戚の介護と嘘をついたら、そういう状況で、新しい仕事を任せるのはどういうものかと、本社がためらいはじめた。
 それどころか、店長そのものも無理なんじゃないかといわれてしまう。

 ε=( ̄。 ̄;A フゥ

 うまくいかないものだ。
 まあ、また チャンスはあるさあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月27日 (日曜日)

渋谷暮らし

 道玄坂のビジネスホテルに1週間近く暮らす。
 まわりは ラブホテルとクラブが密集。
 それでも 女性一人出歩いていても身の危険は
感じたことはなかった。

 カップルばかりだから 私のことなど目に入らな
かったからかな。渋谷の治安もわるくなくなったな。
 まあ、私がオバサンのせいだというのは大きいか
も。
 若い頃と違って、年をとるとその辺の危険指数が
へって、一人歩きができるようになって便利だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶芸師講習会はおわった

 1週間の中級茶芸師の講習会の最終日の茶芸試験は
一番手順がながい「潮州工夫茶芸」になった。
 蓋碗をおもいきって振り上げた洗茶が成功。同じお手前
を披露した3人のなかで最高点ゲット。

         「やったね!!」

 インストラクターの卒業試験でずっこけた分、とりかえした
ってところ。
 
 それにしても、これで1年間の中国茶の勉強にも一段落
した。
 自分の本業のほうは、手抜きになっていた。売り上げの
数字はけして良くない。挽回しなくちゃいけないよ。頭をきり
かえなくっちゃ・・・・・とはおもってはいるんだけど、気分は

       「鬱・・・・・・・」

 困ったなあ。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年2月19日 (土曜日)

茶芸師

 あしたから中級茶芸師の講習会。
 会社には 親戚の介護のためといってある。
 店長だから まとめて休みにも気を使う。
 
 日本茶インストラクターをとったことで 会社
の評価を一変させることができた。新しい仕事
もつかんだ。

 自分に自信をつけるために、やれることはや
ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新入社員

 大卒男子と高卒女子が4月から、うちの店に配属される。
 
 そのうちの大卒男子がうちの店での事前研修にはいってきた。
 他の店で研修もかねたアルバイトをしてきたんだけど、
うちの店で仕事ブリをみたら、真面目はいいんだけど、なにも
教えられてきていなかった。
 他店に配属されることがわかっていたから、どうも きちんと
教えていなかったらしい。というか、年がほとんど変わらない男性
店長の友達になって、教育の対象にはならなかったようだ。
 向こうの店長に対する怒りで、つい 新入社員に厳し言い方を
してしまう。
「仕事を教えてもらえなかったのは、あなたの意欲が相手につた
 わらなかったからだ。」
 引きつっている彼。彼が悪いのではない。でも、言わずにはい
れない。環境を克服してステップアップすることも、管理職候補
生の義務なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月16日 (水曜日)

紅水烏龍茶

 最近人気の高山烏龍茶の梨山高山茶のウンカに
かまれて 東方美人みたいになったタイプ。
 東方美人とちがった感じ。貴妃美人より、いれやす
いなあ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月14日 (月曜日)

武夷岩茶

 遊茶でもらった「武夷岩茶」のサンプルを毎日のんだら
元気が出たといって同じ物が欲しいといわれた。
 「大紅砲」があったのでのんでもらったら、あまり効果が
ないといわれた。
 体との相性かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国茶インストラクターコース卒業

 日本茶インストラクターの試験に合格し 中国茶
の方もインストラクターコースを卒業しました。
 ということで、茶丸は念願の お茶の2分野の
インストラクターの肩書きをてにいれました。

 が・・・・・

 ここにきて、肩書きはてにいれたものの、まだ
「名実ともに」インストラクターではないということに
気がついたのです。
 そう、まだ 本格的にまだ教えてないですよね~
 他の人にインストしてはじめて、インストラクターに
なったといえるんだよね・・・
 この当たり前である事実に今ごろ気がついた私。
 さて、これからどうすればいいのかなあ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月13日 (日曜日)

長続きのコツ~茶丸の場合

「同じ人とどうして22年一緒にいれるの??」
と別居中の知り合いに聞かれました。
「私は息子たちがこの世で一番大切で、その息子が
 旦那に似てるから。」
と答えました。
「うちの旦那にとっても、子供がこの世で一番大切で
 その子供の母親が私だからじゃないかな。」

「じゃあ、子供がいなかったら別れてた??」
と聞かれたから
「うん。残念だけど、もたなかったと思うよ。少なくても
 私のところはね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 9日 (水曜日)

どうやって茶丸は日本茶インストラクターに合格したか

 私が日本茶インストラクターになりたかったのは 自分の仕事が日本茶の販売で、そのスキルアップのためでした。
 平成12年に試験対策のために1度 通信教育をうけたんですが範囲の広さと内容の専門性にレポートを提出するだけで精一杯で 受験そのものまではたどり着けませんでした。
 その後、うちの会社に一人しかいなかったインストラクターも、14年、15年と2人づつ合格して5人になってたんです。
 社内での自分の存在感がいろんな意味で薄れていることを その頃は痛感していたので、インストラクター試験にチャレンジし落ちることは、いろんな意味で私にはマイナスになることは、明らかでした。そのリスクを前に一度は日本茶インストラクターそのものをあきらめたのです。

 日本茶インストラクターがだめならばと、昨年、東京の中国茶の専門店が主催するインストラクターコースを受講しました。
 受講すれば 取れるコースとはいわれていたけれど、講習内容の難度の高さについていくのがやっと。なによりも参加している仲間のレベルと意識の高さにびっくり、と同時に 同世代ながらアクティブな考え方に触発されました。
 そして なにより「お茶」のもつ魅力にとりつかれたのです。お茶の勉強は自分のライフワークだと気づかされました。

 中国茶の受講仲間に 日本茶インストラクターの受験をためらっていることをはなしたとき
「まだ、まだいけるから やらなくっちゃ。」
ってはっぱをかけられ、チャレンジを決意。なにしろ、彼女たちは現役の日本茶インストラクターや紅茶インストラクターだったのです。通信教育を いま一度受け、そして今回のチャレンジ。
 結果、受験を考えてから実際受験するまでの期間はながかったけど、試験そのものは一回で合格することができました。

 お茶のなかで 一番美味しいのは日本の煎茶だなとあらためて思う今日この頃です。でも、魅力的なのは中国茶の方かな。今の私には、どちらも優劣つけがたいものになってるんです。

 
 これから日本茶インストラクタ-試験にチャレンジするひとに アドバイスをするならば・・・

         「お茶」をすきになってください。

 お茶のすべてを知りたいという意欲をもっていますか??もっていなければこの広くて深い出題範囲の前に屈しちゃうと思うんです。
 単なる資格をとるためのためのチャレンジでは つらくなるだけです。

 具体的には とにかく日本茶インストラクター協会の通信教育をうけましょう。、その教本の隅々を頭に入れること。1次試験の内容について、通信教育テキスト外の出題もあったのですが、9割は通信教育のテキストからでてると思うんです。
 レポートは模擬試験の要素もあるけれど、問題にだされた5択の内容は数字も含めて正しいものを完璧に暗記しておくこと。残念ながら 茶丸は 教本のすべてを暗記したのではなく、(時間がなかったので)今年の通信教育のレポート、12年の通信教育のレポートでだされた問題のすべてを 教本とつき合わせて暗記しました。あら、それだけで大丈夫なの??と思われると困るのですが・・・。先ほども書いたとおり、日本茶の販売の仕事についておりましたし、中国茶という分野が違っても共通性があるものの勉強もし、本もよんでいたので下地はあったのかなと思います。そういう基礎が弱い人は、もう、テキスト内容を全て頭に入れるしかないんじゃないかな。基礎づくりとしては、日本茶や中国茶、紅茶のおみせやさんでやっている「淹れ方教室」にいって 生のお茶に触れ手見ることをおすすめします。まあ、インストラクター試験を受けてみようかと思うくらいの方は、その辺はすでに経験済みだとは思うのですが・・・

 試験勉強を本格的にはじめたのは 試験前3ヶ月前の8月から。中国茶の講習会の為に上京したときの新幹線の中、東京のカフェ/地元のカフェの机が勉強の場所でした。自宅の机、店の事務所の机で教本を開くとドット睡魔が襲ってきてだめだったから。

 紅茶のお店で勉強していたとき だされた紅茶ポットにかぶせられていた「ティーコジ-」も試験にでて思わず苦笑い。それ以上に 中国の茶市場のこと、中国茶の淹れかた、歴史のことも出題されて自分がいま勉強していることもでてラッキーでした。
 1次試験の数日前にあった、中国茶インストラクターコースの講習会で「お茶の化学と成分」をやったんです。これまさしく、日本茶の試験の範囲でもあったんですよね~。日本茶も中国茶ももとは同じカメリアシネンシスだもんね~
 紅茶や中国茶関連の出題に かなり批判がでていたけど、現在の日本の茶業界の現状としては、中国から目をそらすのはできないと思うんです。
 なによりも 日本のお茶 「喫茶」は中国から伝来したものである以上中国抜きで 日本茶は語れないとおもうので、今回、紅茶とともに 中国茶関連のことが出題されたのは 必然のことだとおもうんです。
 ですので、自分で勝手に出題範囲をしぼらないこと。
 日本茶の試験であって、「お茶」の試験じゃないから、中国茶や紅茶のことを出題範囲にするのはおかしいて言う意見あるけど、ホントに触りの部分しか出題されないし、紅茶や中国茶を普段リーフで入れている人たちだったら、本格的に勉強してなくてもしっている基本の部分だし、教材にものってるんだから 知っておくべきなんじゃないかな、と思うんですよね。
 1次試験は車の免許の試験みたいに「引っ掛け」的な問題が結構あります。でも 引っ掛けられてしまうのは、その部分に 自分側に知識の裏づけの弱さがあるからで きちんとした知識の基盤があればまず問題はないとおもうんです。まあ、正解が発表されないので、未だに不明なところはあるんですが・・
 
 2次試験は、事前講習会にかならずいくことと、鑑定用のお茶を追加で買って 体で覚えること。いろんなお茶やさんから お茶買ってきて仕上茶の外観の鑑定練習、内質の鑑定練習をするのがいいと思います。私自身、自分の店のお茶だけではなく、よそのお茶屋サンからも購入して練習しました。
 あとは、当日いかに体調をベストにもっていけるかということかな。私の場合は軽く風邪をひいての鑑定試験だったから、嗅覚なしの状態だったおかげでかなり苦戦しました。
 内質、外質鑑定はあまりいい成績ではなかったけど、茶種判定とインストラクションは完璧だったと思うんです。自分の得意分野でパーフェクトをめざすこと、これはどんな試験でも言われることなんですが、2次試験の対策のポイントかな。

 試験合格の為の裏テクは色々ありますが、結局は 通信教育のテキストの完全マスターと2次試験の事前講習会への参加を前提にしてますから、合格に即結びつくものではないですね (^^:ゞ
 身近に合格者がいたら 是非話を聞いてみてください。実戦に役立つこともさることながら、精神面でも助けになるとおもいますよ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合格!!

 仕事を休んで、郵便を待ちつづけてたところ、午後12時15分
ようやく結果が到着しました。
 合格すると、封筒は大きくて、だめなときは小さいよ、と教え
られてたから、ポストの蓋をあけて なかに大きな封筒をみたと
きは 期待の不安で心臓が止まりそうでした (*^-^*)
 なかには 合格通知の入った封筒と、インストラクター協会への
入会もうしこみ用紙がはいってました。
 
 よかった~~~

 内質鑑定が全然わからなくて 適当に書いたから 絶対無理だと
おもってたから かなり嬉しいです。
 届く前に 協会のHPに最終合格率が22%できびしいものと書い
てあるのを読んで かなりへこんでたんです。
 資格をとったことで、今の仕事が大きく変わるわけじゃないけど
あしかけ10年、お茶屋に勤めた自分の成果確認というところかな。
 現在の仕事内容は お茶屋ではたらきながら お茶とは離れたと
こにあって、常に葛藤があったんだけど、今回の合格で これからも
がんばれるって思いました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月 8日 (火曜日)

カウントダウン

 試験の結果は、本日協会から本人に郵送されるという。
 結果がわかるのは 明日ということ。
 郵便がうちに来るのは いつも12時ころだから、明日は
お昼まで、自宅待機。
 1時の時は なんだか変に自信があったんだけど、2次
の方は 全然なし。今回はかなり難しかったらしい。それ
でも 基準点は変えないのかな。去年のほうが ずっと
合格率が高かったらしいから 去年のうちに受ければ良
かったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネバーランド

 大好きなジョニーディップが アカデミーにノミネートされたので
ノミネート作品をみてきました。
 とても良い映画でした。
 でも、きっと主演男優は「レイ」をやった黒人俳優さんになるんじゃ
ないかなあ。「レイ」のほうが 主人公の人間性に重視したドラマだ
から、俳優の力量に頼る部分が多いから・・・ ネバーランドの ジョ
ニーの緒さえ気味の演技は別な意味ですごいとおもうんだけどね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウルの動く城

 話題のジブリ映画を観て来ました。

 う~ん・・・・・
 
 最近思うんだけど、キムタクってどんな役をやっても
キムタクで、イメージが固まっているんだけど、声優し
ても、ああ、やっぱりという感じでした。
 別人を演じるのは 無理なのかな。
 そういう意味では、香取慎吾のほうが 芸幅はひろい
かもね~

 映画の方ですが、「もののけ姫」のようにメッセージ色
が強い路線をねらったとおもうんだけど、今一つピンとこ
ないし、だからといって「千と千尋の神隠し」や「となりの
トトロ」のように魅力的なキャラクタ-が出てくるわけでも
ないんだよね。
 魅力的なキャラクターがないから 普段、映画の売店で
グッズを買いあさる私も、今回はパンフレットの購入のみ。

 宮崎駿の次回作に期待します (--;)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 2日 (水曜日)

美容師さん

 行き付けの美容院で いつも指名している美容師さんに
4月分の予約をいれようとしたら
「4月から、トップスタイリストになるんで カット料が500円
 増しになるんです。」
と恐縮している。
「おめでとうございます。」
といったら、照れている。
「んじゃあ、いちばんはじめにやってもらおうかな。」
と4月1日の一番最初の時間に予約をいれる。ご祝儀がわり
っていうことで。

 いくたびにアシスタントがかわっている職場の中で、がん
ばってきた彼女の今後にエールを贈る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 1日 (火曜日)

途中経過

 若い上司からの提出書類の督促の電話。
 試験の結果への自身のなさが露骨にでてしまって
「どうしたんですか??テンション滅茶苦茶低くなって
 ますが・・」
と鋭い指摘。
「はあ、もう滅茶苦茶落ち込んでます。」
と答える。彼は 2年前にストレート合格を果たしてるん
だと思うと、落ちかけているテンションにおいうちがかかっ
ていくのだ。
 この曖昧な状況を打破するために、鑑定部分の正解
発表をみようと、サイトをひらいてみると、その画面に
なると 画面は真っ白。エラー内容をみると、このデータ
はXPじゃないと開けないらしい。自宅は98だし、職場は
MEだし・・・・
 益々、イライラしてきて仕事に手がつかないよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »