« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月31日 (月曜日)

おわり~

 日本茶のインストラクターの2次試験が終った。
 お茶の鑑定が 全然だめだった。
 結果はどうあれ、今年の試験は終った。
 泣いても笑っても 来年まで どうしようもできない。
 年に1回しかチャンスがないっていうのは どんな
受験でも あたりまえだけどね・・・・
 解放感と無念な気持ちが交差する、この複雑な心境
はなんだろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月28日 (金曜日)

卒業試験

 中国茶の卒業試験が終った。
 お点前を 先生たちの前で披露したんだけど
 結果は 惨憺たるもの。あんなに練習したの
に~・・・
 試験の最中に 緊張のあまり手が震えてし
まって 茶をこぼしてしまった。それをふく為に
手順が狂って 踏んだりけったり状態。
 お点前の前に 構想を話すのは スラスラ
だったのになあ。要するに 身についていな
かったということか・・・・・
 先生のお情けで 何とか卒業はさせてもらっ
たけど、真のインストラクターの道は険しいって
言うところかな。
 ホンモノの中国茶のインストラクターに成る
ために これからもかなりどりょくしなければな
らないというとこかな。

 日本茶の方の試験も まじか。
 二兎ともえるように がんばろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月15日 (土曜日)

最近の男

 彼氏がほしいと悩むT子へ

 最近の男の理想の女性って「尊敬できる」っていうこと
みたい。
 価値観が 男女変わらなくなっていると思うんだよね。
 いい男ほど、容姿はもちろん 自分にプラスになる知性
とか教養とか、プラスアルファを求める傾向がつよいみたい。
 だから、女性も 何か人より秀でたものを得る努力が必
要なんじゃないかな。
 男性側に 女性が昔求めていた「包容力」はなくなって
きたような気もします。
 だから女性は 自分の足でしっかり立てるようになってな
キャならないと思うんですよ。

 というわけで、がんばってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月14日 (金曜日)

やる気

 部下の社員が胃潰瘍で自宅療養すしなければならなくなる。

 彼女が 最近やる気が無くなっていたのは気がついていた。
時間にルーズになり集中力もなくなっていた。
 そんな彼女をみてて 腹が立つことも多々あった。仕事がマン
ネリしてきたこともある。もっと責任をもたせた仕事を与えなけれ
ばならないと思う一方で、実績が無いままに利益計算をさきに
する彼女にためらいもあった。それでも、いろいろな仕事にたず
さわるチャンスをあたえた。
 彼女のジレンマの原因は 仕事ではなく、完全にプライベート
だった。プライベートで不眠に悩む彼女に、新しい仕事の肉体的
な疲労がかさなり 体に出てしまったようである。

 昔、ママさんバレーにのめったとき、チームメイトとの不和でバレー
ボールそのものがいやになった私に 以前コーチをしてくれた方が
「やる気は 自分でだすしかない。」
といった言葉が今でも残っている。
 バレーボールは、それっきりやめてしまったけれど いろんな面
で気力がなえた時、彼の言葉を思い出してきた。
 環境をうらんでも、何も変わらないんだよ。原因は自分。変わり
たかったら、自分でなんとかしなきゃ。自分でやる気をださなきゃ
だめなんだけどなあ。
 どんなすばらしいチャンスでも、本人に「やる気」がなければマイ
ナスにしかならないっていうことです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月12日 (水曜日)

受験勉強

 日本茶のインストラクターの2次試験が近づいてきた。
 事前講習会を受ければ大丈夫だよ、っていわれたので
安心していたら、事前講習会を受けたのに落ちたという人
とあった。
 1次試験の後、中国茶の論文やら 仕事やらで 全く
勉強していなかったから たぶん駄目だと思う。
 しかも、日本茶のインストラクターの試験の前に 中国茶
の卒業試験もあるし・・・ こちらの試験対策も全くしていな
い。
 点前の練習はしていたけれど テーブルセテッイングも
最終的には決めていないのだ。
 シフトに無理やり 休みを組み込んで試験対策をするつもり。
 二兎おうものは1兎もえずなんていうことにならないように
しないと・・・

 そんな焦りまくっている 私の気持ちどおりのテンプレート
のデザインがでたので変更する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症に効くお茶

 今年の花粉症はすごいらしい。
 昨年の2.5倍 花粉が飛ぶという。
 この時期 必ず取り上げられる「花粉症に効くお茶」
 昨年は ペパーミントティー。
 その前の年は 凍頂烏龍茶とかシジウム茶
 その前は甜茶
 今年はなにがくるかなあ

 そういえば アサヒフーズからネット限定でべにふうき
の緑茶が発売されるんだけど、これは花粉症の人たち
は要チェックだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 8日 (土曜日)

偽札

 お茶屋にすれば稼ぎ時の年末年始。
 近くの神社の境内で偽札が使われたと聞いて
うち店でつかわれたらどうしよ~とドキドキもんで
す。
 新札、旧札入り乱れていると、数えながら

    「ちがう~」

と誤って 感知してしまうことがあるんですよね。
それでも、最近はそんなもんだと、流してしまい
がち。こうなってしまうと 毎日仕事でお金にさわっ
ていても、見分ける自信はあまりないなあ。

 いや・・・ 自分のお金だったら、きっと一発でみ
わけるんじゃないかな。やっぱ、気合かなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年1月 6日 (木曜日)

お茶屋の危機

 祖母の告別式の香典返しは 日本酒と紅茶のティーパックと
ドリップコーヒーの詰め合わせ。
 煎茶がはいっていない・・・・
 確かに、死んだ祖母もコーヒー好きだったことは聞いていたが
煎茶なしとは・・・・・
 お茶屋としては 心中かなり複雑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

告別式

 父方の祖母が97歳で死んだ。
 夫と子供たちと一緒に告別式にいった。

 喪主の叔父の長女が弔辞を読んだ。
 おばあちゃんっこだった彼女は 私と同じとし。
内孫だった彼女を手放しで可愛がってくれた祖母
への感謝の言葉は、周囲の涙を誘っていた。

 そんな彼女を、さめた目で見てしまった私。
 祖母は 次男の長女でだった外孫の私にたいし
ては興味がなかったと思う。なにせ、父親の兄弟
は四人。彼女の孫は私以外に10人。しかたがない
ことだった。
 子供のころ ひがんだこともあったけど、今はそん
な感情さえも忘れていた。
 涙ながらのいとこの弔辞を聞いて、可哀想だった
幼い頃の自分を思い出し、はじめて目頭があつくな
る。

 私の子供たちは 私の両親には二人だけの孫。
一緒にすんでいなくても めいいっぱいの愛情をそ
そいでいる。同居している夫の母親にしても 孫二
人は変えがたい存在だろう。

  「あなたたちは幸せだよ」

と、急に子供たちにいったら、二人とも変な顔をし
ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お笑い

正月用の番組編成のせいか、お笑い番組ばかりだ。
どのチャンネルにも、波田陽区がでている。
女性では青木さやかだね~。彼女の声というか発声
方法って山田邦子ににてるなあ。
そういえば、山田邦子・・ 今回の正月番組のなかで
はお目にかかってないんだけどどうしたのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 5日 (水曜日)

息子

 北海道から、長男が里帰り。
 「おかあさん、太ったね。前のように痩せたいという願望
  スラも残っていないように見えるんだけど・・・」
と 開口一番、鋭すぎる指摘。
 他人はいえない台詞。それゆえに、いわれたほうも、真剣
に受け止めようとしないんだよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土曜日)

キャッツアイ

 なつかしのアニメ版キャッツアイ
 声の出演に 瞳役で「戸田恵子」とあった。
 「戸田恵子」ってショムニにも出ていた俳優の
彼女かな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年早々生々しい話

 不倫して夏には辞めるという話だった本社の上司が
実は、まだ別れていなくて 相手が離婚しても彼女と
結婚する気になっているという話を聞いた。
 相手には小学生と1歳になったばかりの子供がいる
というのに、その気になっているらしい。
 子供のことは考えられないのか。相手のこともよく
しっているし、その奥さんのことも知っている。子供た
ちともあったことがある。
 彼の堅実な両親が、彼を正気に戻してほしい。
 彼女の両親が、彼女が他人に一生憎まれるような
不幸な選択をすることを止めてほしい。 
 結婚は二人だけの問題じゃないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福袋

 今年は通販で福袋を二つ。
 ひとつは昨年中に届いちゃったけど、もうひとつは元旦到着。
 竹の茶盤、陶器の茶壷と聞香杯セット、とお茶が5種。品数
増やしのキャンドルとブレスレットもはいって10000円。とくか
どうかは、お茶の味しだいかな。
 はじめてのお店だったので、吟味させてもらいま~す (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑ヒットパレード

 毎年なんだかんだいっても、この番組から一年がはじまった。

 去年と同じ「大介・花子」からはじまったけど、近年の漫才ブー
ムにのって面白かった。
 若手の中では「ますだおかだ」というコンビがおもしろかった。
 テツandトモもまだまだいけるともったけど、長井秀和かんじゃっ
て限界をみせちゃったりして、もうだめかなとおもっちゃいました。
 やっぱり最高だったのは 腹話術の「いっこくどう」だね~。
 名人すごすぎ。アーティストです。
 波田陽区もまずまずのできで、東京ボーイズになれるようにがん
ばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新年あけましておめでとうございます

 今年は、元旦にすら年賀状を書かないでしまう茶丸です。

 昨年は「中国茶」と「日本茶」の勉強に追われた一年だった
けど、日本茶のほうで、インストラクター試験の1次を突破で
きて、成果が見えるなど、充実していたなと思っています。
 45歳、なくしかけていた自信を回復できたというところかな。

 今年の抱負は
  1.より前向きに!!
  2・人のせいにしない!!
  3.家族を大切に!!
  4.より深く!!

 です。
 昨年、みえてきた自分の今後の生き方を、より確かなもの
とするために、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »